ゴールドマン・サックス、TBMに投資 〜 今後1年で日本の新興企業十数社に投資へ

ゴールドマン・サックス・グループ(Goldman Sachs Group)は15日、東京拠点の新興企業TBMに投資することを明らかにした。

TBMは、紙やプラスチックに代わる新素材のライメックス(LIMEX)を開発したことで名声を上げた。「石でできた紙」というふれこみのライメックスは、灰石とポリオレフィン樹脂の合成素材。同社はそれを使って名刺やポスター、カタログをつくっている。 ライメックスは、木を原料とせず水をまったく使わないことが特徴。

ブルームバーグによると、TBMは、総額31億円の第三者割当増資を実施する計画で、ゴールドマン・サックスはその一部を引き受けることで合意した。

報道によると、ゴールドマン・サックスは、日本の将来有望の新興企業10〜15社に2019年末までに投資する計画を進めている。特に、環境配慮に貢献する技術で世界的競争力を持つ新興企業に照準する方針。

ゴールドマン・サックスは同投資計画に関する今後の見通しについて取材に答えなかった。

TBMの山崎敦義社長は、2020年までに新規株式公開(IPO)したい考え。ゴールドマン・サックスの投資担当者らは、過去3年間にTBMを何度も訪問して有望性を精査してきた。その結果、IPOの行方にかかわらず、TBMがユニコーン(企業評価額が10億ドルを超える非上場新興企業)になる可能性が高い、と判断した。

【https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-15/goldman-sachs-investing-in-startup-that-makes-paper-from-stones】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  2. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  3. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  5. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る