カリフォルニア州、自動運転車の公道実験拡大で事故も増加

自動運転技術の実験が全米各地で行われるようになったが、実施のための規制や実施中の報告義務が最も厳しいにもかかわらずカリフォルニア州は自動運転車の実験場として他を圧倒している。一方、公道を走る自動運転車の増加とともに事故も増えている。

■台数、件数とも過去最多

オートモーティブ・ニュースによると、2018年に加州陸運局から自動運転車の公道実験を許可されたメーカーは12月上旬現在で65社に上り(前年は1年間で46 社)、許可を受けた車の台数は326台から658台と倍以上に増えた。これに伴い、自動運転車が関わる事故の数も29件から67件と倍以上に増え、いずれも過去最多となっている。

州陸運局の報道官は「これまでより多くの車両に許可が下りたメーカーが増え、事故の可能性も自然と高くなる」と説明する。他の州には同じような統計がないため正確な比較は難しいが、ウェイモが約400台のテスト車両を生産しているアリゾナを除き、カリフォルニアほど多くの自動運転車が走っている州はないと見られている。

■目立つのは追突被害

加州の統計からは、自動運転車の公道での動きの特徴が分かるかもしれない。1つの傾向としては、追突されやすい可能性がある。同州では統計を取り始めた16年以来、自動運転車が絡む事故が111件報告されている。うち71件は車が自動運転モードで走行中に発生し、その72%に相当する51件は自動運転車が後続車に追突されるという事故だった。

メーカー別に見ると、GMの自動運転車部門クルーズは自動運転モードで走行中の車両が関わった事故が41件あり、うち27件でクルーズの車が追突されている。アルファベットの自動運転車開発部門ウェイモは26件の事故に関わり、このうち21件は同社の車が追突されている。

加州における自動運転車の開発状況を調べている民間団体コンシューマー・ウォッチドッグのジョン・シンプソン氏は「自動運転車は人間のドライバーが予想するようには動かない。多くの追突事故は低速で発生しており、大けがをした人はいないが、これらの車がもっと高速で走行した場合、終始安全に周りの車や人と反応し合えるかどうか判断するのはまだ早い」と話している。

■各社が車両を投入

加州で自動運転車の実験許可を最も多く取得しているのはクルーズとウェイモで、両社は実験の規模を拡大している。サンフランシスコを中心にテストを実施しているクルーズは、許可の取得台数が17年の109台から81年は175台に増加し、19年は商業展開を計画している。一方、ウェイモは最近、フェニックス地区で一部の顧客向けに補助ドライバーが乗った自動運転ミニバンの商業サービスを開始したが、加州での取り組みも強化しており、16年の74台から17年には23台に減らしていたテスト車両を18年は121台に増やした。

数を増やしているのは両社だけでなく、アップルは17年の14台から72台に増加し、テスラも16年の1台から17年は39台、18年は47台と着実に数を増やしている。

http://www.autonews.com/article/20181210/MOBILITY/181219970/as-calif-av-population-doubles-so-do-crashes (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  2. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  3. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  4. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  5. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る