GE、スマート住宅向け製品に注力 〜 グーグル・アシスタント対応製品群をCESに出展へ

ラスベガスで開かれる毎年恒例の国際消費者電子製品見本市CES(Consumer Electronics Show)ではことし、人工知能やロボットのほかに家庭向けスマート機器類の出展が特色の一つになる見込みで、それを象徴するのがGEの新製品群といえそうだ。

テッククランチ誌によると、GEは、グーグルの仮想執事人工知能グーグル・アシスタント(Google Assistant)に対応させたスマート電球「C」の大きさを3倍にするほか、100万単位から選べる色付きスマート電球、遠隔操作を可能にする明度調整照明スイッチ、動作および環境光感知の照明を制御できる動作検知器をCESに出展する計画だ。

それらすべての製品は、別のスマート住宅機器制御装置を必要とせず、グーグル・アシスタントに対応するグーグル製の自然言語処理仮想執事端末(スマート・スピーカー)やスマートフォンに音声指示することで操作できる。

GEは、スマート住宅向け製品をアマゾンの自然言語処理仮想執事アレクサ(Alexa) に早くから対応させている。GEはそれをグーグル・アシスタントにも拡大させることで、住宅機能のスマート化を強化する。

それらの新型スマート電球群は、アレクサのほかアップルのホームキット (HomeKit)にも対応する。電球の小売価格は約40〜75ドルと非常に高額だ。ことしのCESは、1月8日〜1月11日まで開かれる。

【https://techcrunch.com/2019/01/03/ge〜adds〜a〜bunch〜of〜google〜assistant〜friendly〜smart〜home〜products/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. アメリカの就職・転職

    2018-8-29

    アメリカでの就職・転職6箇条 | 2018年保存版

    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  2. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  3. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  4. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  5. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る