GE、スマート住宅向け製品に注力 〜 グーグル・アシスタント対応製品群をCESに出展へ

ラスベガスで開かれる毎年恒例の国際消費者電子製品見本市CES(Consumer Electronics Show)ではことし、人工知能やロボットのほかに家庭向けスマート機器類の出展が特色の一つになる見込みで、それを象徴するのがGEの新製品群といえそうだ。

テッククランチ誌によると、GEは、グーグルの仮想執事人工知能グーグル・アシスタント(Google Assistant)に対応させたスマート電球「C」の大きさを3倍にするほか、100万単位から選べる色付きスマート電球、遠隔操作を可能にする明度調整照明スイッチ、動作および環境光感知の照明を制御できる動作検知器をCESに出展する計画だ。

それらすべての製品は、別のスマート住宅機器制御装置を必要とせず、グーグル・アシスタントに対応するグーグル製の自然言語処理仮想執事端末(スマート・スピーカー)やスマートフォンに音声指示することで操作できる。

GEは、スマート住宅向け製品をアマゾンの自然言語処理仮想執事アレクサ(Alexa) に早くから対応させている。GEはそれをグーグル・アシスタントにも拡大させることで、住宅機能のスマート化を強化する。

それらの新型スマート電球群は、アレクサのほかアップルのホームキット (HomeKit)にも対応する。電球の小売価格は約40〜75ドルと非常に高額だ。ことしのCESは、1月8日〜1月11日まで開かれる。

【https://techcrunch.com/2019/01/03/ge〜adds〜a〜bunch〜of〜google〜assistant〜friendly〜smart〜home〜products/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  3. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  4. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  5. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る