サイバーセキュリティー会社への投資が過去最高 ~ サイバー攻撃増加が投資機会に

サイバー犯罪の増加を受け、2018年はサイバーセキュリティー会社に対するベンチャー・キャピタル(VC)投資が過去最高を更新したことが、ストラテジック・サイバー・ベンチャーズ(ニューヨーク州拠点)のまとめでわかった。

ロイター通信によると、2018年における同分野のVC投資額は計53億ドルで、前年の44億ドルから20%増加した。ストラテジック・サイバー・ベンチャーズの幹部クリス・エイハーン氏は、「大規模のデータ侵害がかなり頻繁に発生しており、近い将来にそれが収まるとは思えない。投資家はそれを投資機会とみている」と話した。

デジタル犯罪の増加にともない、サイバーセキュリティーは世界中の政府や企業の関心を集めている。

サイバーセキュリティー会社スレットメトリックス(ThreatMetrix)によると、2018年第1四半期(1~3月)には2億1000万件、第2四半期には1億5100万件の攻撃が検出され、2015年比では100%以上も増加した。

ストラテジック・サイバー・ベンチャーズの調査では、2018年の世界関連投資の46%を米国のサイバーセキュリティー会社が占めたほか、アジアと欧州の会社も計22.6%と2014年の12.7%から拡大した。

かつて米軍の情報戦担当幹部だったストラテジック・サイバー・ベンチャーズの共同設立者でCEOのハンク・トーマス氏は、サイバーセキュリティーの世界最大の脅威として中国の人民解放軍を挙げる。

サイバーセキュリティー分野では最近、米国外での大企業が増加しており、同市場の世界規模での拡散が今後も続く可能性があると予想される。ただ、2019年には投資がやや減速する見込みで、エイハーン氏は「投資家が少し疲れてきた」と指摘する。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  2. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  3. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  4. アメリカの就職・転職

    2018-8-29

    アメリカでの就職・転職6箇条 | 2018年保存版

    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  5. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る