銀行大手HSBC、ペッパーを来店客対応担当に ~ ビバリー・ヒルズ支店に導入

ロンドン拠点の金融サービス大手HSBCは、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー(Pepper)」をカリフォルニア州ビバリー・ヒルズ支店に導入した。

ZDネット誌によると、ペッパーは来店客にあいさつし、簡単な質問に答えることで、「記憶に残る銀行体験を消費者に印象づける」とHSBCはプレス・リリースで発表した。

一般的にソーシャル・ロボットと位置づけられるペッパーは、同支店では案内係としての労働者だ。同ロボットは、来店客の質問に答えるだけでなく、客に質問してその回答内容を理解し、適任のバンカーに客を案内する。ペッパーは、商品やサービスに関する説明もでき、HSBCウェブサイトの簡易版がロボットになったような機能を果たす。

ペッパーは近年、高齢者施設での会話相手として商業活用が始まったのち、おもに顧客対応分野でいくつかの小売店チェーン会社の支店で使われるようになった。接客することで来店者の利便性を高めると同時に、従業員が接客せずに済むよう業務効率化に貢献している。

【https://www.zdnet.com/article/robot-banker-pepper-lands-gig-at-hsbc-starting-in-beverly-hills/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  2. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  3. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  4. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  5. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る