73%が「EVの航続距離は75マイルで十分」

米消費者の63%は「EVの最もふさわしい使い方は通勤か都市部の移動」と考え、73%は「日常的な使用では75マイルの航続距離で十分」と考えていることが、BMWグループ傘下MINI USAの最新調査で分かった。

グリーンカー・コングレスによると、調査は3月下旬に18歳以上の米成人1004人(男性502人、女性502人)を対象に実施され、充電技術やeモビリティ・ソリューションの普及に関してはもっと消費者教育が必要なことなども分かった。

回答者の74%は、最寄りのEV充電ステーションがどこにあるのか知らなかった。ただ、MINIのデータではEVオーナーの80%が自宅で充電する傾向にあることも分かっている。

受け入れられるEVの充電時間については、最も多かったのが「分からない」(28%)で、次が「30分」(25%)だった。また、全体の3分の2は「EVは興味を持つ早期導入者向け」と考えていた。これは、それほど興味を持たない消費者の大部分にEVへの認識を高めてもらう必要があることを裏付けている。また、連邦税控除はEVの購入を促進するものの、優遇措置以外の理由でEVを購入する人々がいることを示している可能性もある。

MINI USAのアンドリュー・カトラー広報担当者は「EVモデル『MINI Cooper SE』の米国発売が近づく中、われわれはブランドとして、消費者がどのようにEVを使いたいのか、そして消費者が何を知っていて何を知らないのかを理解することが重要。より多くの情報が集まれば、eモビリティのさまざまな利点や、当社のEVが何を提供するかについて消費者をもっと教育できる」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  2. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  3. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  5. Kintetsu International

    2019-5-8

    Kintetsu International Express Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州ガーデナにオフィスを構える、Kintetsu International Expre...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る