ファッション・ショーにも仮想現実とロボット 〜 デザイナーの新たな試み

 仮想現実(virtual reality=VR)は最近、大規模データ(big data)やモノのインターネット(IoT=Internet of Things)と同じように「ときの言葉」になっており、その現象は、ファッション業界によるVR活用でも象徴される。

 フォーブス誌によると、トミー・ヒルフィガーからディオール、レベッカ・ミンコフ、ジャン=ピエール・ブラガンサまで、ファッション・ブランド大手らはVRの試験採用に相次いで着手しており、今回、スウェーデンのイーダ・クラムボーン(Ida Klamborn)もVRの活用に乗り出した。

 デザイナーのクラムボーン氏は、2月3日からストックホルムで開かれるファッション・ウィークに向けて、VRを応用したファッション・ショー向け動画を製作しており、世界中のファンがスマートフォンやグーグル(Google)のカードボード(簡易型VRヘッドセット)を使って、あたかも会場の最前列から見ているかのようなVR映像にアクセスできるようにする。

 クラムボーン氏はさらに、「劇的最前列(Democratic Front Row)」と銘打ったプロジェクトのもと、ファッション・ウィーク会場の最前列にロボットを設置し、VR経由で同催事にアクセスするファンたちを象徴するかのような演出をする。

 VR用カメラを視界360度で動作させるために設置されるロボットは、会場の様子をリアルタイムで映像化する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  2. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  3. 2016-11-2

    Beauty Special 2016 Fall こだわり美容アイテム

    SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る