What's Up, America? アメリカ最前線

全米最前線のニュースをお届けします。

カテゴリー:What’s Up America?

  • 温暖化で魚が極地寄りに移動
    赤道付近は食料減る恐れ

     気候変動の影響で海水温が上がっているため、魚の生息域が北極や南極寄りに移っているという調査結果が発表された。赤道近くの住民にとっては貴重な食料が減少する恐れがある。  ...
  • クレジットスコア開示無料に
    金融機関、圧力受けやっと

     個人の信用度を表し、金融機関が融資決定やクレジットカード発行の判断基準に使う重要な情報であるクレジットスコアを、本人が従来より簡単に見られるようになった。  AP通信に...
  • グーグル、空の宅配で特許申請
    専用容器がドローン待ち受け?

     ドローン(無人機)を使った空からの宅配システム開発に取り組むアルファベット傘下グーグルはこのほど、「飛行配達装置」が運ぶ荷物を地上で受け取り、安全な保管場所に運ぶための配...
  • 売れない間はウーバーで生計
    ハリウッドの役者たち

     かつて売れない役者はレストランの給仕や店の販売員などをして生活を支えるのが普通だったが、最近のハリウッドではウーバーやリフトなど携帯アプリを使った配車サービスの運転手を副...
  • ホバーボードの持ち込み禁止
    NY市バスと地下鉄

     スケートボードを横にしたような電動式二輪車「ホバーボード」の人気が高まる中、ニューヨーク市の公共輸送機関を管理するニューヨーク州都市交通局(MTA)は、地下鉄やバス内での...
  • ITはフリーの人材に頼め
    企業とコーダー結ぶ市場出現

     最新のハイテク技術を持った人材を求める企業とソフトウェア開発者とを結びつける新しい形の市場がシリコン・バレーなどに生まれ、若者を中心とするフリーランスのコーダー(Webデ...
  • ドライバーの運転習慣を調査
    ウーバー、スマホ使い

     スマートフォンのアプリケーションから簡単にタクシーが頼める配車サービス、ウーバーはこのほど、登録ドライバーのスマホに備わる衛星利用測位システム(GPS)およびジャイロメー...
  • 有給家族休暇の是非も論点に
    大統領選の党候補指名争い

     大統領選に向けた民主、共和両党候補指名争いは、育児や介護を理由とした有給休暇の是非も論点になっている。  ウォールストリート・ジャーナルによると、ヒラリー・クリントン前...
  • LAドジャース、名物アナウンサーのビン・スカリー、スタジアム前の道路に命名

     大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャースで、半世紀以上にわたって実況中継アナウンサーとして活躍してきた、ビン・スカリー氏(Vin Scully)の名前が、本拠地ドジャースタジ...
  • 女性は「ゲーマー」に抵抗感
    ゲーマーゲートで印象悪化

     米国では男女いずれもほぼ半数がビデオゲームを楽しんでいる。ところが女性のプレイヤーは自分を「ゲーマー」とは考えない傾向が強いことが、ピュー・リサーチ・センターの世論調査で...
  • 巨大ティタノサウルス新種、1月15日からNYアメリカ自然史博物館で模型と化石を公開

     ニューヨーク・マンハッタンにある「アメリカ自然史博物館」は、1月15日から、巨大な恐竜ティタノサウルスの実物大の模型を展示、一般に公開する。  同博物館によると、こ...
  • ロサンゼルス訪問者数が過去最高に
    中国人が2位浮上、韓国からも急増

     ロサンゼルスを2015年に訪れた旅行者は4550万人で、過去最高を記録したことがわかった。2014年に比べて、2.8%の伸びとなった。  訪問者の数は5年連続で増えている。中国...
  • 「お金じゃなくて仕事を」ホームレス対策
    ニューメキシコ州アルバカーキで

     ニューメキシコ州アルバカーキが、ホームレス対策として導入した、「お金より仕事を」という取り組みが注目されている。  12月7日付のニューヨーク・タイムズの記事(“Albuq...
  • クリスマスの飾りつけ、もう引退させて〜
    ベビーブーマー世代の願い、子供たちが却下

     ベビーブーマー世代の人たちは、長年、クリスマスになると家の内外にクリスマスツリーやイルミネーションを施して飾りつけてきたが、引退を迎えたいまは、「クリスマス断捨離」を始め...
  • 「セレブ&リッチ」の専用ターミナル
    ロサンゼルス国際空港、設置を認可

     ロサンゼルス国際空港(LAX)が、有名人や金持ちの旅行者のために、専用のターミナルを設置することを決めた。  11月18日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Airpor...
  • 七面鳥に興味なし、ラスベガスへ!
    南カリフォルニアの中国系移民

     アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)は、多くの人にとって家族で過ごす休日だが、中国系を含むアジア系の移民にとっては、なかなか親しみがわかない祝日のようだ。  11月...
  • 「リフト」12月23日からロサンゼルス国際空港乗り入れOKに、配車サービスようやく解禁

     ウーバーやリフトといったアプリを使った「配車サービス」(ride-share)の乗り入れが禁じられてきたロサンゼルス国際空港(LAX)で、ついにサービス利用が解禁となった。  ...
  • レイク・タホの美し〜い青い水
    実は「透明だから」じゃありませんでした

     カリフォルニアとネバダの両州にまたがるレイク・タホ。冬はスキーで、夏は湖のレクリエーションでにぎわう一大観光地だ。真っ青で澄んだ水が、タホを世界的に有名にしている。しかし、実...
  • ニューヨークの有名「探検家クラブ」
    マンモス、ディナーに出していた?

     1904年にニューヨークで設立された探検家クラブ。メンバーには、人類初のエベレスト山頂到達を成し遂げたエドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイ、マリアナ海溝のチャレンジャー海...
  • ロサンゼルス郊外バーバンク空港
    ウーバーやリフトで駐車場収益が減少

     ロサンゼルスの北にあるボブ・ホープ空港(通称バーバンク空港)が、ウーバーやリフトなどの配車サービスの影響で、駐車場の収益減少に直面している。客待ちをするウーバーやリフトが、駐...

注目の記事

  1. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  2. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  3. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  4. 2018-1-3

    全米中から熱視線 大谷翔平、エンゼルス入団

    エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  5. Nitori

    2019-2-14

    Nitori USA, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州オンタリオにオフィスを構えるNitori USA, Inc.のCEO Shuni...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る