What's Up, America? アメリカ最前線

全米最前線のニュースをお届けします。

カテゴリー:What’s Up America?

  • 原油安、地域経済の脅威に
    シェール・ブームの地に不安

     シェール・ブームにわいたテキサス、ノースダコタ、ルイジアナ、コロラド、ペンシルベニア、アーカンソー、オハイオなどの石油生産地は、原油価格の下落で急速に景気が冷え込んでいる。 ...
  • レストランで働く人がいない!

    低賃金、長時間労働が嫌われる

     ニューヨーク、シカゴ、シアトル、サンフランシスコなど、全米各地のレストランが人手不足に悲鳴を上げている。  
ワシントン・ポスト(8月12日付)によると、長時間労働、低賃金...
  • 寄付品集めの「グッドウィル」
    
高級おしゃれなブティックに?

     家庭の不要品、着なくなった古い洋服を、衣替えや大掃除、納税の時期に、まとめて持っていってドネーションをする場所。1枚足りない食器セットや、時代遅れの家具。そんなものが所狭しと...
  • アデルにプリンス、聴けば

    節水せずにはいられない?

     干ばつが続く南カリフォルニアの都市水道区(MWD)が、節水を呼びかけるユニークな試みを行っている。ロサンゼルス・タイムズ(8月21日付)が伝えた。  
音楽ストリーミングサ...
  • パフォーマーを規制すべきか?

    「ホコ天」全米各地で議論

     キャラクターやヒーローに扮して、写真を撮る観光客にチップを要求。僧侶のふりをしてお布施をせびる。どちらも、ニューヨークのタイムズスクエアの日常的な光景だ。  
最近は、ボデ...
  • アダルトショップ、OKです
    
ニューヨーク市、裁判所が規制却下

     ニューヨーク市では、レストランや化粧品ブランド店、ギフトショップなどに紛れて、多くの「アダルトショップ」が営業している。 
 市は20年以上にわたってこうした店の取...
  • 立ちション、自分に跳ね返る!?

    サンフランシスコ、特殊な「壁」

     街中で「立ちション」をする人が後を絶たず、困ったサンフランシスコ市が、新兵器を繰り出した。
  なんと、立ちションすると、尿が自分に跳ね返るという特殊な壁だ。さて効果のほど...
  • 夏なのに、雪がとけない!
    
ボストン、「根雪」の山

     ボストンはこの冬、110.6インチという記録的な降雪量を体験した。その名残で、夏に入っても根雪が残ったままだったが、7月14日、ようやくとけた。  ニューヨーク・タイムズ(...
  • メニュー変更、海水浴場シャワー禁止
    違反者スクールも、干ばつ工夫さまざま

     干ばつが長期化するカリフォルニア州では、節水のためにさまざまな工夫が行われている。  夏休みが本格化する7月、州は海水浴場の公共シャワーの使用の停止を決めた。ロイター通信(...
  • 女性ももっと乗ってくださ~い!
    ニューヨークの自転車共有プログラム

     導入から2年が経過したニューヨーク市の自転車共有プログラム「シティバイク」だが、利用者の4分の3は男性で、女性の利用者が期待ほど増えていないことがわかった。  ニューヨーク...

注目の記事

  1. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  2. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  3. 2017-2-2

    原始時代に戻って健康になる パレオダイエットとは?

    食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...
  4. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  5. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る