アメリカ旅行や出張で使える「格安短期プリペイドSIMカード」をオンラインで注文、受け取りは日本でできるサービスが登場!

Sponsored by MMTM, Inc.

留学生、出張者は必見!旅行や出張など、短期でアメリカに行く前に日本でSIMカードを手に入れることが可能になった。アメリカ大手通信キャリアT-Mobileの回線を提供する『アメシム』が安心の日本語対応で「プリペイドSIMカード」の販売を開始した。

いまやスマホは日々の生活には欠かせず、一時でも手放したくないという読者も多いと思う。電話機能だけでなく、インターネットでの情報収集や、LINEで友達と会話をする、Google Mapで場所を調べて移動するなど、スマホを持ってないと生活自体が成り立たなくなりつつあるとも言える。

それは日本からアメリカなどの国外に出ても同じで、むしろ外国にいるほうがより必要となる情報も多くなり、スマホは常に繋がる状態にしておきたいところである。アメリカにも日本と同様に、大手の携帯会社が存在し、Verizon Wireless(ベライゾンワイヤレス)、AT&T、T-Mobile、Sprint(スプリント)がアメリカでは4大通信キャリアと呼ばれている。格安サービス会社も多く事業展開しているので、予算や使用用途に合わせた選択ができるようになってきた。

しかし、旅行や出張でアメリカに来る場合、アメリカに着いてからSIMカードを探すのはあまり得策ではない。滞在する時間も限られているのに加え、到着してからすぐにスマホが使えるほうが圧倒的に便利だからである。今回紹介する『アメシム』は、まさにそんな消費者のニーズに寄り添う「プリペイドSIMカード」サービスだ。

『アメシム』には、通信キャリアや携帯サービス事業者が提供していない、いくつかのユニークな特長がある。

1 大手通信キャリアT-Mobileの回線を現地プライスより安価に提供

日系で唯一のT-MobileやVerizon Wirelessなどの大手通信キャリアの一次代理店だからこそ可能な現地でもトップクラスの通信回線を提供しているため、回線が途切れることなく通話やインターネットが利用できる。

『アメシム』が販売するSIMカードの料金プランは全部で6種類。5日間2,480円、10日間3,480円、15日3,980円、30日5,480円、60日9,980円、90日13,980円。このSIMカードには、T-Mobile回線を利用した通話、テキスト(SMS)、高速データ通信4G LTE使い放題が含まれている。

T-Mobileは、アメリカで加入者数第三位の大手通信キャリア。リーズナブルな値段設定が売りで、海外ローミングも安価に利用できるということで人気を集めている。『アメシム』ではT-Mobileでは提供していない1カ月以内のプランも複数用意しており、必要な期間分のみSIMカードを利用できる仕組みになっている。

2 安心の日本語対応

アメリカの携帯業界で経験豊富な日本人スタッフが、最適なプランやサービスを日本語で提供している。

3 ネット注文/渡米前に日本で受け取り

「プリペイドSIMカード」販売はアマゾンジャパンで行っている。注文したSIMカードは日本を出発する前に届けられる。日本で受取ができるのに加え、送料はなんと無料となっており、ユーザーにとって嬉しいところとなっている。

4 利用開始日の指定が可能

SIMカードは早めに受け取りたいけど、通信回線の利用開始は旅行や出張の当日からにしたいという要望にも『アメシム』は対応してくれる。

こんなに特典がある『アメシム』だが、一番気になるのは実際に利用できるか、という部分だろう。2019年9月現在、アマゾンジャパンで販売されている全アメリカ旅行者向けプリペイドSIMカードの中で、一番評価が高い4.5という評価を受けている。上記のサービスで、この料金と利用者評価があるなら割安感があるくらいである。そして全てにおいて日本語対応してもらえるから更に嬉しい話だ。

安心して渡米してもらえるよう販売からサポートまで一貫して日本語で提供している『アメシム』。SIMロックを解除したiPhoneであれば、現地に行ってすぐに利用できる優れものなので、空港でWi-Fiレンタルをしている読者の方は、一度アマゾンジャパンでアメシムを注文して試してほしい。

■詳細:MMTM, Inc. アメシムホームページ https://ame-sim.com
アマゾンジャパンのアメシムページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07P6YYQ1B?ref=myi_title_dp


このサービスのお問い合わせはこちらからもできます。

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る