ロビン・エリース (Robin Elise) ときかいと (Kaito Toki)

ロビン・エリース (Robin Elise) ときかいと (Kaito Toki)

作:ロビン・エリース (Robin Elise)

大学を卒業後、マーケティング会社で企画を担当する。退職後、ジュエリーデザイナーとなり現在にいたる。1児の母として育児に奮闘しているなか、楽しい出来事や体験を日記に記し、コミックの題材としている。

画:ときかいと (Kaito Toki)
高校の時に渡米し、在米20年以上。大学卒業後、ボストンにある博物館の展示部で働く。退社後、アニメーターとして現在にいたる。米国のコミックを通じて英語を学んだので、自身の生活を取り入れ、コミックを描くことで、読者に英語を楽しんでもらえればと思い、『ロビンの巣』を連載する。

ロビン・エリース (Robin Elise) ときかいと (Kaito Toki)の記事一覧

    Happy Holidays!

    ...

    [No.134] Thanksgiving Help

    ...

    [No.133] Scary Scarecrow

    ...

    [No.132] Extra Good Food

    ...

    [No.131] Backyard BBQ

    ...

    [No.130] Importance of Being at the Beach

    ...

    [No.129] Backyard Fun

    ...

    [No.128] Sweet Temptations

    ...

    [No.127] Mom’s Cooking or Pizza?

    ...

    [No.126] Sunday Mornig Sleep-In

    ...

    [No.125] A Special Valentine

    ...

    [No.124] A Plan for New Year’s

    ...

    [No.123] Tree Monster

    ...

    [No.122] Too Many Cooks

    ...

    [No.121] Way To Go Toby!

    ...

    [No.120] Not Yet Nostalgic

    ...

    [No.119] Swimming Lesson

    ...

    [No.118] Lovely Chatting With You!

    ...

    [No.117] Good for a Change!

    ...

    [No.116] A Good Night’s Reading!

    ...
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る