カテゴリー:トラベル・趣味

  • Vol.18 
    クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク
    − アラスカ州・カナダ −

    アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世界最大級の氷河、広大なツンドラ地帯など、ほかでは見られないユニークな大自然が悠久...
  • HISオンライン体験ツアー「#ふたたび美しい世界へ」
    モントリールとケベックシティへ列車旅

    HIS USAは2020年4月から、COVID-19の影響で自宅で過ごす時間が増えた人々のために、自宅から世界を楽しめる特別企画「#うちで過ごそう」を実施してきた。その第2...
  • Vol.17 先住民が残した宗教集落
    チャコ文化
    − ニューメキシコ州 −

    アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を営んできた。なかでもニューメキシコ州の北西部に位置するチャコ・キャニオンは、古代...
  • アフリカの「サファリ」とは?

    「サファリ」という言葉は英語と思われがちですが、元々はアラビア語の「旅行」が語源で、スワヒリ語で「小旅行」のことを意味します。スワヒリ語は、主にケニアやタンザニアなどの東ア...
  • Vol.16 遥かな時の流れを感じる
    ウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園
    − モンタナ州およびカナダ −

    モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータートン湖国立公園。国境をまたいで接するこの2つの国立公園は、1932年に世界で初...
  • ペルー・クスコ市街と周辺の遺跡がおもしろい!

    ペルーといえば、天空都市「マチュピチュ」が有名ですが、今回はマチュピチュに行く前に観光客が必ず通過する、マチュピチュの玄関口ともいえるクスコ市街と周辺の遺跡について少しご紹...
  • 世界遺産にB級グルメ、映画に音楽にスポーツもあるニュージャージー!

    全米でもっとも人口密度が高く大都会ニューヨークの通勤圏でありながら、ガーデン・ステートという愛称を持ち、美しい自然や世界遺産もある。それがニュージャージー州! マンハッタン...
  • Vol.15 すべての命のふるさと
    パパハナウモクアケア
    − ハワイ州 −

    ハワイ諸島主要8島の北西に、小さな島々が点々と広がるエリアがあるのをご存知だろうか。ここパパハナウモクアケアは、1350マイルに及び線状に連なる島々と環礁群の集合体からなる...
  • 100以上の無料アトラクションを誇るワシントンDC

    「タダより高いものはない」ということわざがありますが、アメリカの首都ワシントンDCはその真反対。国立の「スミソニアン博物館」を中心に、なんと100以上ものハイクオリティの無...
  • passport japan

    日本のパスポート、2年連続で世界で最も強力なパスポートに

    日本のパスポートは2019年も「世界で最も強力なパスポート」になったとイギリスのコンサルタント会社の調査でわかった。 イギリスのコンサルタント会社のヘンリーアンドパー...
  • サンフランシスコ観光の裏メニュー

    食堂にまかない料理や裏メニューがあるように、観光にも知る人ぞ知る裏メニュー的な場所があります。今回はサンフランシスコ・ベイ・エリアの、定番のツアーでは行かない隠れた名所・名店をご紹...
  • Vol.14 霧立ち込める原生林
    グレート・スモーキー山脈国立公園
    − ノースカロライナ・テネシー州 −

    アメリカの東部、ノースカロライナ州とテネシー州にまたがるグレート・スモーキー山脈国立公園は、手つかずの原生林が今なお残る広大な森林地帯。木々から発せられる蒸気によってしばし...
  • デトロイト・ファン・シティ

    1940年頃には180万人が住み、全米で4番目の都市だったThe Motor City、デトロイト。産業の停滞とともに人口は約70万人に減少し、2013年に破産申請をしまし...
  • ナイアガラ

    南アメリカ大陸のアルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるビクトリアの滝と並び、世界三大瀑布の一つに数えられているナイアガラの滝は、...
  • 太平洋と大西洋を結ぶ「世界の十字路」パナマの魅力

    中米パナマ共和国といえば、なんといってもパナマ運河が有名ですが、見どころはそれだけではありません。東西に伸びるパナマは、西はコスタリカ、東はコロンビアと隣接し、 北米・中米...
  • ケニア、マサイマラのすすめ

    ケニアにある、世界でもっとも有名な野生動物保護区の1つ、マサイマラ。この地に昔から生きる先住民族、マサイ族に由来するところからその名で呼ばれています。そのため、マサイマラ周...
  • acela photo

    ニューヨークーワシントンDC間をノンストップで運行 〜 アムトラック 

    全米鉄道旅客公社(アムトラック)はニューヨークとワシントンDC間をノンストップで走る「アセラ・ノンストップ」を1日1往復で運行することを発表した。 スケジュールは、東...
  • Vol.13 建築デザインの先駆者
    フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群
    − AZ・CA・IL・NY・PA・WI州 −

    2019年7月、アメリカの新たな世界文化遺産登録が決定した。20世紀を代表する米建築家フランク・ロイド・ライトが手がけた建築8作品だ。1959年、91歳の生涯を終えるまでに...
  • 成田空港第3ターミナル 税関検査場電子申告ゲートの運用を開始

    税関検査場電子申告ゲートの運用が成田空港第3ターミナルで2019年4月15日から始まっている。これは第3ターミナルでIC旅券を使用する全ての入国者が利用できる。 ...
  • アップステート・ニューヨークの魅力

    50州(States)が集まって国(United States)を形成しているアメリカ合衆国。50州それぞれに産業、文化、気質、お国自慢があり、その特徴は車のナンバープレートにも表...

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る