カテゴリー:ようこそラテンの世界へ

  • ペルー・クスコ市街と周辺の遺跡がおもしろい!

    ペルーといえば、天空都市「マチュピチュ」が有名ですが、今回はマチュピチュに行く前に観光客が必ず通過する、マチュピチュの玄関口ともいえるクスコ市街と周辺の遺跡について少しご紹...
  • 太平洋と大西洋を結ぶ「世界の十字路」パナマの魅力

    中米パナマ共和国といえば、なんといってもパナマ運河が有名ですが、見どころはそれだけではありません。東西に伸びるパナマは、西はコスタリカ、東はコロンビアと隣接し、 北米・中米...
  • ケニア、マサイマラのすすめ

    ケニアにある、世界でもっとも有名な野生動物保護区の1つ、マサイマラ。この地に昔から生きる先住民族、マサイ族に由来するところからその名で呼ばれています。そのため、マサイマラ周...
  • 赤道直下の魅惑の諸島 ガラパゴスへ

    ガラパゴスは南米エクアドルに属す、太平洋に浮かぶ火山性の諸島です。赤道直下に位置し、世界でも貴重な生態系を有しています。 ガラパゴス諸島には名前の付いている島が123...
  • 生き物の聖地・ガラパゴス諸島

    今回は、生涯に一度は訪れたいと言われる憧れの地、世界遺産のガラパゴス諸島についてご紹介します。 赤道直下の国、南米エクアドルの本土から西へ、約1千キロの太平洋に浮かぶ...
  • 地球最後の秘境「ギアナ高地」

    ギアナ高地は、南アメリカ大陸の北部、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ、ブラジルの6カ国を含む広大な地域と接しています。その大きさは、なんと日本の...
  • アウトドアの聖地・パタゴニア地方へ

    世界のアウトドア愛好家やトレッカーが愛してやまないパタゴニア。というと、アウトドア用品で有名な「Patagonia」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、今回のテーマは、チリとア...
  • ジャマイカの首都キングストン観光

    夏休みにジャマイカ旅行はいかがでしょうか? エメラルドグリーンのカリブ海、日本人の口にも合うジャマイカ料理、コーヒーで有名なブルーマウンテンなど楽しみ方はいろいろ。 今回は首...
  • キューバ、ハバナのホテルの選び方

    誰にでも経験はあると思いますが、海外旅行でのホテル選び、難しいですよね。調べれば調べるほど分からなくなってきます……。キューバでもホテル滞在は人気ですが、よくお客様に「どこのホテル...
  • 遺跡にグルメに盛りだくさん! ペルーの旅

    ペルーだけでなく南米を代表する観光地である「マチュピチュ」。ベストシーズンは乾季ど真ん中の7〜9月ですが、1年中観光客が押し寄せます。近年、日本人観光客はウユニ塩湖と合わせ...
  • 知られざるウユニ塩湖の魅力

    ボリビアのウユニ塩湖はここ数年、日本人の「死ぬ前に一度は訪れたい場所」として上位に選ばれている人気の観光地です。 雨季にあたる12〜3月が、鏡張りを見られる時期として...
  • パナマ運河新閘門とその背景

    1914年に開通したパナマ運河は、2014年に100周年を迎えました。中南米の地理的な中心地というだけでなく、世界の海上貿易の面においても太平洋と大西洋を結ぶ重要なポイント...
  • 運河とフリーゾーンが形成するパナマ経済

    15世紀以降、その立地から大西洋と太平洋とを繋ぐ世界の十字路として、また中南米諸国のハブとして大きな役割を果たしてきたパナマ共和国。ほかの国と比べると、やはりその地理的優位...
  • 目覚しい経済発展を遂げるメキシコ

    世界が注目する国 メキシコが昨今目覚しい経済発展を遂げ、世界中から注目の国になっています。けん引役を果たしているのが日本の自動車メーカーです。メキシコ中央高原に日系のみならず、米...
  • ラテンアメリカのハブ、パナマ

    「中南米」と聞いたとき、まず皆さんはどの国の名前を頭に思い浮かべるでしょうか。 そのかつての宗主国の違いから、北米である「アングロ(イギリス系)アメリカ」と分け「ラテン(イベ...

注目の記事

  1. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  2. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい 日本国...
  3. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  4. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  5. 2020-4-5

    第73回 明日の家

    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る