カテゴリー:フロントラインが行く

  • デンバーでアートめぐり

    コロラドの州都デンバーは今、ビジネスの拠点としても暮らしの拠点としても、全米から注目を集めている人気の都市。町なかでは地産地消の有名レストランや歴史地区の散策、ショッピング...
  • コロラド各地のホテル事情

    旅行につきものなのが、ホテル選び。「コロラドはアクティビティや観光が充実しているから、ホテルは適当に選べばOK」と思っているあなた。コロラド旅行では、ホテル選びも実は重要だ。という...
  • コロラドってどんなとこ?

    アメリカの西部、ロッキー山脈のもっとも標高が高い地域に位置するコロラド州。雄大な自然に囲まれたこの地は、アウトドアアクティビティの聖地として人気が高い。州内を縦断するロッキ...
  • キューバのWifi事情

    どこに行ってもWifi環境があり、最近は飛行機の中でもネットが使えるようになりましたよね。 しかし、キューバは違います! 実際で苦戦したwifiの接続方法、全部ご紹...
  • キューバの食べ物

    目次 キューバの食事 メイン料理 サイド料理 デザート 飲み物 朝ごはん 食事 肉・米・芋がメインのキューバ料...
  • トリニダー/インヘニオス渓谷

    目次 マヨール広場 ディスコ・アヤラ インヘニオス渓谷 マナカ・イスナガの塔 マヨール広場 Plaza Mayor ...
  • カリブ海でスキューバ/シエンフエゴス

    今日はとシエンフエゴスを経由して、トリニダーへ! 目次 プラヤラルガ シエンフエゴスの街 トマステリー劇場 パラシオ・デ・バジェ ...
  • サンタ・クララ/バラデロ

    目次 チェ・ゲバラの霊廟 トレン・ブリンダード記念碑 バラデロ チェ・ゲバラの霊廟 Monument Ernest Che Gu...
  • ハバナ旧市街

    今日はガイドさんに案内していただきながら、 ハバナを散策します! 目次 旧国会議事堂 ガルシア・ロルカ劇場 セントラル広場 オビスポ通り...
  • ビニャーレス渓谷/タバコ農園

    目次 ビニャーレス渓谷展望台 インディヘナの洞窟 タバコ農園 ビニャーレス渓谷展望台 Vinales observatory ...
  • ハバナドライブ

    オープンカーでハバナドライブに出発です! 革命広場 Plaza de la Revolucion 新市街地の中心にあるのがこの革命広場。 5月1日のメ...
  • 【旅まとめ】今、キューバが熱い!

    2015年に米国との外交再を機に、キューバ人気が高まっていますが、社会主義の閉ざされた国がどんなところで魅力はなんなのか。 実際にフロントライン取材班が現地に行ってきま...
  • キューバ〜基礎知識・治安〜

    謎に包まれた国、キューバの基礎知識を確認します。 キューバ共和国 -Republic of Cuba- 人口 約1,126万人。東京より少し少ないくらい ...
  • キューバ旅行準備
    〜ビザ・保険〜

    目次 ツーリストカード 海外旅行保険 キューバ旅行に絶対必要なモノ キューバの貨幣 クレジットカードについて 洋服 持っていく...

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る