カテゴリー:ビジネス・社会

  • 今年こそ挫折しない! 新年の抱負を達成しよう

    つい先日まで「明けましておめでとうございます」と新年の挨拶をしていたのも束の間、もう1月が終わってしまいました。ワーキングウーマンの皆さま、今年新しく掲げた「New Yea...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第17回

    前回、欧州運賃同盟加入船社がブッキングコミッションの割引率を大きくすることで、台頭する盟外船社との競合に対抗していた状況を書いた。 コミッションをめぐる事件 コモディテ...
  • 新年の抱負〜本を読もう!〜

    新年明けましておめでとうございます。また新しい年が始まりましたね。 ワーキングウーマンの皆さま、今年もまた、仕事・プライベートともに頑張っていきましょう! さて、皆...
  • トランスホープメディカルが強迫性障害(OCD)を対象とした深部分経頭蓋磁気刺激法(Deep TMS)治療の提供を開始

    脳科学医療の先駆者であるトランスホープメディカルが強迫性障害(OCD)と診断された患者に対しBrainsway社の深部分経頭蓋磁気刺激法(Deep TMS)治療の提供を開始...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第16回

    コンテナ船の出現とボックスレート 前号で触れたように、もともと海上運賃は、製品の品目によって決められていた「コモディティ・レート」が主流であった。しかし、コンテナの出現により...
  • なかなかNOと言えない ~そんな自分から脱却するには〜

    「すみませんが、この仕事をお願いできますか?」 手持ちの業務でてんてこまいな時に限って、このような依頼が来ることがありますよね。そんな時、あなたはどう対応していますか...
  • マリオット、約5億人の顧客情報が流出の可能性

    アメリカのホテル大手のマリオット・インターナショナルは30日、スターウッド予約システムに不正アクセスがあり、2018年9月10日以前の予約情報などゲストに関する情報が流出し...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第15回

    コンテナ輸送の海上運賃 シャンハイ・コンテナライズド・フレイト・インデックスというのを検索すると、上海港から北米、欧州に限らず、主要航路のコンテナ輸送における海上運賃の市...
  • ストリートカルチャーの祭典「ComplexCon 2018」開催 〜 AQUAMANの世界観体験施設も

    第3回となったComplexConが11月3日、4日の2日間、ロングビーチコンベンションセンターで開催された。 このイベントはアート、エンターテイメント、ファッション...
  • ダイバーシティ:初めの一歩

    近年よく聞く「ダイバーシティ」という言葉。皆様が勤務されている会社でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ダイバーシティとは、直訳すると「多様性」という...
  • Vol.023:書くこと(発信すること)のメリット

    みなさん、書くことは好きですか? いや〜苦手です、と答える人の方が多いように感じます。 頭の中に何か伝えたいことがあったとしても、言葉にし文章にするとなると大変ですよね。 ...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第14回

    戦後の経済復興と発展 第二次世界大戦後、戦勝国も敗戦国も、国の発展のために産業を復興させる必要があった。とりわけ、ドイツやイタリアとの対戦で大きな犠牲が出た欧州各国のダメージ...
  • 牛にビールを飲ませて育てる?

    牛にビールを飲ませて育てる肥育法 初めてビールを肥料として牛に与え始めたのは『松坂牛』で有名な三重県の農家さんだったようです。(三重県の人たちはお酒が弱い人が多いため、人間の...
  • Vol.022:WordCamp LA 2018に行って来ました!

    9月22日&23日の2日間、ロサンゼルスのCalifornia State University, Los Angelesにて開催されたWordCamp LA 2018に参...
  • 「アメリカン和牛」とは何?

    世界中で『Wagyu』という言葉が通じるようになった近年、もはやWagyuは日本産和牛にとどまらず、さまざまなWagyuが名を知られるようになりました。 日本産以外の「和牛」...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第13回

    船社の誕生と運賃同盟 19世紀の後半、英国を中心にした欧州各国は、アジアやアフリカ、南米を植民地にすると同時に、そこからの食産物を自国に輸送するため、海運を強化していった。英...
  • 日本企業における運命共同体のコンセプトは是か非か〈後編〉

    アメリカでは最近、セクハラが大きな問題として取り上げられている。たとえば、女優が良い役を欲しいと思えばその配役を選ぶ監督に取り入る必要がある。監督はそれを逆手にとってセクハ...
  • 苦手な上司との付き合い方

    突然ですが、皆様には「上司」はいますか? 一部のフリーランスや自営業の方を除けば、会社で勤務している人のほとんどがYESと答えるのではないでしょうか。組織で働くかぎり...
  • アメリカでの人材採用の流れ | 採用担当者向け

    「どこでお育ちになったのですか?」「お母様がアメリカ人で、英語が母国語なんですね?」「お子さんはおいくつなんですか?」 これらの質問、面接ではNGです。 アメリ...
  • 日本企業における運命共同体のコンセプトは是か非か〈前編〉

    日本の組織の中になぜWhistleblower (内部告発者)が存在し得ないのか。それは日本だけにある現象ではないだろう。アメリカの組織の中でもかなり難しいことではないかと...

注目の記事

  1. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  3. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...
  4. 2018-4-2

    ハリウッドで活動開始! プロボクサー 高野人母美さん

    自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  5. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る