カテゴリー:ビジネス・社会

  • Vol.023:書くこと(発信すること)のメリット

    みなさん、書くことは好きですか? いや〜苦手です、と答える人の方が多いように感じます。 頭の中に何か伝えたいことがあったとしても、言葉にし文章にするとなると大変ですよね。 ...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第14回

    戦後の経済復興と発展 第二次世界大戦後、戦勝国も敗戦国も、国の発展のために産業を復興させる必要があった。とりわけ、ドイツやイタリアとの対戦で大きな犠牲が出た欧州各国のダメージ...
  • 牛にビールを飲ませて育てる?

    牛にビールを飲ませて育てる肥育法 初めてビールを肥料として牛に与え始めたのは『松坂牛』で有名な三重県の農家さんだったようです。(三重県の人たちはお酒が弱い人が多いため、人間の...
  • Vol.022:WordCamp LA 2018に行って来ました!

    9月22日&23日の2日間、ロサンゼルスのCalifornia State University, Los Angelesにて開催されたWordCamp LA 2018に参...
  • 「アメリカン和牛」とは何?

    世界中で『Wagyu』という言葉が通じるようになった近年、もはやWagyuは日本産和牛にとどまらず、さまざまなWagyuが名を知られるようになりました。 日本産以外の「和牛」...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第13回

    船社の誕生と運賃同盟 19世紀の後半、英国を中心にした欧州各国は、アジアやアフリカ、南米を植民地にすると同時に、そこからの食産物を自国に輸送するため、海運を強化していった。英...
  • 日本企業における運命共同体のコンセプトは是か非か〈後編〉

    アメリカでは最近、セクハラが大きな問題として取り上げられている。たとえば、女優が良い役を欲しいと思えばその配役を選ぶ監督に取り入る必要がある。監督はそれを逆手にとってセクハ...
  • 苦手な上司との付き合い方

    突然ですが、皆様には「上司」はいますか? 一部のフリーランスや自営業の方を除けば、会社で勤務している人のほとんどがYESと答えるのではないでしょうか。組織で働くかぎり...
  • アメリカでの人材採用の流れ | 採用担当者向け

    「どこでお育ちになったのですか?」「お母様がアメリカ人で、英語が母国語なんですね?」「お子さんはおいくつなんですか?」 これらの質問、面接ではNGです。 アメリ...
  • 日本企業における運命共同体のコンセプトは是か非か〈前編〉

    日本の組織の中になぜWhistleblower (内部告発者)が存在し得ないのか。それは日本だけにある現象ではないだろう。アメリカの組織の中でもかなり難しいことではないかと...
  • アメリカの就職・転職

    アメリカでの就職・転職6箇条 | 2018年保存版

    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れることができる。ビジネスの最前線で働くにはどうすれば良いのでしょう?アメリカで働く方...
  • Vol.021:アメリカでの人材採用
    その2 – 欲しい人材を獲得する採用ページ作りのススメ-

    前回に引き続き、良い人材を求めている経営陣、採用や人事に関わる担当者さん向けに書いてみます。 >>前回の記事:アメリカでの人材採用 その1 - 「ここで働きたい!」 - ...
  • 企業の無駄 - まとめ(後編)

    前編では日本特有の企業内で育まれる組織の無駄について考察した。では無駄をなくすのに何をどこから始めればよいのだろうか。 一案を紹介してみたい。 外堀から考えてみ...
  • メンタリング? コーチング?

    読者の皆様のなかにも、さまざまなレベルの管理職に就いておられる方がたくさんいらっしゃると思います。そんな管理職の方々が常にぶつかるのが、「いかに部下を導いていくか」という課...
  • 物流を制すものはビジネスを制すか? 
    第12回

    ポルトガル、スペインに始まった大航海時代には、国力、戦力の優劣によりイタリア、ベルギー、フランスなど中心的な国の変遷は見られるが、やはり19世紀のはじめにナポレオン戦争に勝...
  • 和牛のオリンピック

    「和牛」のオリンピック

    和牛のオリンピック 和牛にも五輪があるのをご存知ですか? 5年に1度開催される『和牛オリンピック』は、毛並みや肉質などの部門を品評する会で、現在では民放テレビでも取り上げられる...
  • 企業の無駄 - まとめ(前編)

    いままで無駄についていろいろ書いて来た。これからも多くの無駄を紹介することになると思う。無駄は企業、官公庁、教育現場などあらゆる所で、いや、個人の毎日の生活の中にも数多く見...
  • Vol.020:アメリカでの人材採用
    その1 -「ここで働きたい!」-

    ロサンゼルスエリアの様々な日系企業の方とお話をしていると、人材不足で困っているという声をあちこちで耳にします。現地アメリカ人の採用のシビアさはもちろん、近年は特に移民ビザ取得が厳し...
  • 男性上司 vs 女性上司:一緒に仕事がしやすいのは?

    ワーキングウーマンの皆様、現在の上司は男性、女性のどちらですか? また、今までの経験上、どちらの性別の上司の方が仕事がしやすい……など、感じたことはありますか? 先日読んだ...
  • 定期的人事異動にまとわる無駄

    これまでにいろいろな企業の「無駄」について書いてきた。しかしその中でも最大の無駄は人材ではないだろうか。 有為の人材の無さを嘆く企業が多い一方で、有為の人材の育成に工夫と努力...

注目の記事

  1. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  3. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  4. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  5. 2017-11-7

    第62回 STEM専攻と大学合否の決め手

     ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る