But, why?

カテゴリー:But, why?

  • デザイン思考ブームとデザインウォッシングの発生

    「デザイン思考」「ヒューマンセンタードデザイン(HCD)」などの言葉が幅広く使われるようになり、さまざまなビジネスでそのセオリーが活用されています。これまで重きを置かれなか...
  • Black Lives Matter ムーブメントの重要性

    宗教と政治とお金については口にしないというWisdomがアメリカにあります。日本でも同様の風潮がありますが、政治や歴史が複雑に絡んでいる差別問題はアメリカで生活する日本人に...
  • 新しい断酒法? しらふの人生を楽しむSober Curiousが人気の理由

    お酒をやめたい、でもしらふで会食に参加した時やお祝いごとの際にお酒がないなんてなんか味気ないし、二度と飲めないのはちょっと……となかなか断酒に踏み切れない方も多いと思います。 ...
  • Webディベロッパーにオススメしたい、2倍早くなるブラウザ Bliskとは?

    こんにちは。捗ることが何よりも大好きなGraphentworkのGenです! 突然なのですが、皆さんはWebデザインをチェックする時にどのブラウザをメインに使用してい...
  • 新型コロナウィルスによるスモールビジネスの対応と消費者の反応

    弊社Graphnetworkの海外事業として、これまでWeb開発やオンラインコンテンツ制作以外にも、飲食店経営も行ってきました。 今年の2月に、弊社初の小売店プロジェクトCr...
  • スタジオよりベター? オンラインヨガクラス

    あらゆるサービスにおいてオンライン化が活性する現在、弊社も制作会社としてさまざまなプロジェクトに関わらせていただいています。 人気アプリ「寝たまんまヨガ」で幅広く知ら...
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)で需要増加中のオンライン会議サービスを比較してみた

    こんにちは、GraphnetworkのGenです。新型コロナウィルス(COVID-19)による影響でリモートワークが推進されてきましたね。自宅で作業する際にZoomをはじめとしたオ...
  • ゲームやオンライン学習との付き合い方

    新型コロナウィルスの影響で世界中の学校が閉鎖される中、想定外にスクリーンタイム が与えられて喜んでいるこどもも多いようです。学校や企業も積極的にオンラインコンテンツを提供し...
  • アプリの自動課金、なぜもっと分かりやすいデザインにならない?

    あるレポートによると、平均的なモバイルユーザーは1カ月に約40ものアプリにアクセスしているそうで、各ユーザーにとっての必須アプリの数も増加傾向にあるそうです。私自身、何かと...
  • ウェブアクセシビリティの向上

    スーパーマーケット入口のすぐ近くには障害者用のパーキングスポットが必ず数台設けられ、レストランのトイレは車椅子が動きやすいように広々としていて、階段のあるお店はエレベーター...
  • 新たなデリバリーサービスの試み

    デリバリーロボットが自宅まで食事を届けてくれる。そんな未来のようなことが、もうすぐそこまで来ているかもしれません。 アメリカ合衆国のカリフォルニア州バークレーでは現在...
  • VRに未来はあるのか?

    視界をゴーグルで取り囲むことで、パソコンの仮想世界をその目で体験できるVR(Virtual Reality)。 2019年3月、GoogleがVRアニメのスタジオGo...
  • 現実をハックする

    私たちの生活により身近になっている“拡張現実”はご存知でしょうか。AR(Augmented Reality)は、ユーザーに新たな体験を与えるツールとして日々浸透していると感...
  • アート、テクノロジー、お金

    LightWave 3Dなどのソフトウエアで知られるコンピューター・グラフィック・ソフトウエア会社 NewTekの創立者であり、発明家のTim Jenisonが...
  • 大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statisticsによると、25歳以上の大学生は全米の大学生の40%近くを占め、2020年には43...
  • リジェクションセラピー

    興味はあっても、断られることを恐れてトライすることを諦めてしまうというのは良くある話です。Ted TalkやTalks at Google等のスピーカーとして知られるJia Jia...
  • 勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレーズ がありました。 『Don't worry, Be crappy』 ...
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る