カテゴリー:人生、山あり旅あり

  • 世界遺産にB級グルメ、映画に音楽にスポーツもあるニュージャージー!

    全米でもっとも人口密度が高く大都会ニューヨークの通勤圏でありながら、ガーデン・ステートという愛称を持ち、美しい自然や世界遺産もある。それがニュージャージー州! マンハッタン...
  • 100以上の無料アトラクションを誇るワシントンDC

    「タダより高いものはない」ということわざがありますが、アメリカの首都ワシントンDCはその真反対。国立の「スミソニアン博物館」を中心に、なんと100以上ものハイクオリティの無...
  • サンフランシスコ観光の裏メニュー

    食堂にまかない料理や裏メニューがあるように、観光にも知る人ぞ知る裏メニュー的な場所があります。今回はサンフランシスコ・ベイ・エリアの、定番のツアーでは行かない隠れた名所・名店をご紹...
  • デトロイト・ファン・シティ

    1940年頃には180万人が住み、全米で4番目の都市だったThe Motor City、デトロイト。産業の停滞とともに人口は約70万人に減少し、2013年に破産申請をしまし...
  • ナイアガラ

    南アメリカ大陸のアルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるビクトリアの滝と並び、世界三大瀑布の一つに数えられているナイアガラの滝は、...
  • アップステート・ニューヨークの魅力

    50州(States)が集まって国(United States)を形成しているアメリカ合衆国。50州それぞれに産業、文化、気質、お国自慢があり、その特徴は車のナンバープレートにも表...
  • 歴史だけじゃない、ボストンの魅力

    世界に名だたる観光地だけれども、ほかの人にその良さを伝えにくい場所があります。私にとってはボストンがそれです。アメリカ合衆国の歴史に不可欠な都市を、あえて歴史に触れず、映画とスポー...
  • 輝く夏に訪れたいシアトル その2

    前回、シアトルの景色やグルメ、イベントについて書きましたが、その魅力はまだまだ数多くあります。引き続き、シアトルの観光スポットをご紹介したいと思います。 シアトルといえば自然! ...
  • 輝く夏に訪れたいシアトル

    シアトルといえば、雨、コーヒー、IT企業、ボーイング社、スペースニードル、シーフード、レーニア山、ウォーターフロント、パイクプレイスマーケットの魚投げ、シーホークスやマリナーズなど...
  • ハミルトンを巡る旅
    〜ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルバニア州〜

    2019年5月現在、ブロードウェイのミュージカルでもっともチケットが高く入手困難な『ハミルトン』。2016年トニー賞11部門を受賞した2時間55分の超大作だ。アメリカ合衆国...
  • アートと愛の溢れる町
    ペンシルバニア州フィラデルフィア

    アメリカで6番目に人口が多く、ニューヨークからも車や鉄道で1時間半ほどの所にあるのに、日本の方にあまりなじみのない観光都市がある。フィラデルフィアだ。アメリカという国が独立、発展し...
  • そこにしかないものに出会う旅

    アメリカはとてつもなく広い。飛行機、鉄道、車、どの手段でも長距離の移動はやっかいだ。近年はテレビやインターネットが普及し、旅に出なくても、映像によってその場に行ったような気になるこ...
  • アメリカの春の訪れを感じる場所

    日本では、2月は梅、3月は桃、そして4月は桜で春の訪れを感じる人が多いと思う。国土が日本の約25倍もあるアメリカでは、州や地域によって、それとは違う花で新しい季節の訪れを感じるよう...
  • 愛称・略称は旅の新しいカギ〜バージニア州〜

    アメリカの各州には愛称がある。そしてそれは、その州の自然や歴史などに由来することが多い。最初に独立宣言を批准したデラウェア州は“The First State”、いつも光溢れるイメ...
  • アメリカのすべてを体験できる観光都市・コロラド州デンバー

    アメリカ全土の天気予報を見るたびにとても気になる都市がある。コロラド州のデンバーだ。アメリカの主要都市のなかでも一日の気温差が激しい。12月のある日、最低気温は−8℃、最高...
  • アメリカの歴史を体感する観光都市
    サウスカロライナ州チャールストン

    アメリカの旅行雑誌Travel + Leisureの「世界でもっとも行きたい場所」第2位、「北米でもっとも行きたい都市」第1位に選ばれたサウスカロライナ州のチャールストン。...
  • Weekend GetawayでB&Bを楽しむ

    アメリカで生活するようになって覚えた言葉の一つに「Weekend Getaway」という言葉がある。日常を忘れ、英気を養いに週末の小旅行に出かけることだ。アメリカではビーチリゾート...
  • 北カリフォルニアの偉大なる自然

    カリフォルニア州は総面積が日本とほぼ同じ、南北に長く東西は比較的短いという形も似ている。日本の47都道府県には数え切れないほどの見どころがあり、多くの自然も残されているが、カリフォ...
  • 腰を据えてゆっくり過ごしたい、東海岸のケープコッド

    日本からアメリカに観光しに来る方は、短期間で複数のホテルに泊まりながら、できる限り多くの場所をめぐりたいと思う方が多いようだ。アメリカでは、お気に入りの場所に毎年行き、ホテルやサマ...
  • アメリカ観光の首都 Washington, DC

    アメリカ合衆国のどの州にも属さないワシントン首都特別区を、日本ではワシントンDCまたはDCと呼ぶことが多い。DCの観光局の方いわく、カリフォルニア州ロサンゼルス市が“Los Ang...
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る