ストリートカルチャーの祭典「ComplexCon 2018」開催 〜 AQUAMANの世界観体験施設も

第3回となったComplexConが11月3日、4日の2日間、ロングビーチコンベンションセンターで開催された。

このイベントはアート、エンターテイメント、ファッション、音楽などポップカルチャーのコンテンツが数多く出展、現在のファッションの流れを知ることができる。またこのイベントはBtoBビジネスだけでなく、BtoCの場として会場限定商品の販売やコラボレーションアイテムの紹介などがあり、来場者にSNSでの投稿を促す仕掛けも各ブースで行われていた。

村上隆、ファレル・ウィリアムス、ヴァージル・アブロー、ジェイデン・スミス、スヌープ・ドッグ、ナズ、ロニー・ファイグなど、今のストリートカルチャーを牽引するスター達が、パネルディスカッションやパフォーマンスを行った。

ワーナー・ブラザーズ配給の映画「AQUAMAN」は映画の世界観を体験できるドームを設置、そには海中の様子を写し、まさに海の中に滞在しているかのような体験ができ関心を集めていた。

日本の企業やアーチストのブースやコラボ商品なども多くあり、日本のコンテンツビジネスの力強さをアピール。バンダイナムコのブースでは雑誌などから収集した素材を、カッターと糊のみを使ってコラージュ作品を作る河村康輔氏らアーチストのパックマンの作品など展示。

また今、日本で大変注目を集めているロッカクアヤコ氏の作品やアパレルブランド「CUNE」の商品なども来場者の関心を引いていた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る