「Also」「Too」「As well」 の違いと使い方

英語で「~も(また)」と言いたい場合に、「also」か「too」、または「As well」のどれを使って表現したらよいのか迷った経験はありませんか?そこまで厳密に意識して使い分ける必要はありませんが、それぞれの用法はとても簡単なので覚えておきましょう。また折角なので、「〜も(また)〜ない」のように否定文で使う「Either」についても触れておきます。


1) Also
→「〜も / あと」

Alsoは肯定文のなかで動詞の前に配置するが基本です。例えば、「私はバスケをします。スノボーをするのも好きです」は「I play basketball. I also like to snowboard.」のようになります。Be動詞を使った文章の場合は、「I am also 30 years old.(私も30歳です)」のよにBe動詞の後にフォローします。しかし、付加情報であることを強調したい場合は文頭で使われます。例えば、「Can you get some eggs? Also, don’t forget to buy milk.(卵買ってきてくれる?それに牛乳も忘れないようにね)」という具合になります。

✔︎CanやHaveのような助動詞の場合は、助動詞と本動詞の間に入る。 → 例:I can also play the guitar.(私もギターを弾けます)
✔︎文末にalso使っても間違いではないが、その場合はtooを使う方がナチュラル。

・I went to the mall today and bought some shoes. Oh yeah, I also bought a jacket.(今日モールで靴を買ったよ。あっ、それとジャケットもね。)
・We have a meeting at 8:30 a.m. tomorrow. Also, the C.E.O. is coming in at 9 a.m.(明日のミーティングは午前8時半からです。また、9時からは代表も参加します。)
・I am also an only child.(私も一人っ子です。)
・I have also been to Paris.(私もパリへ行ったことがあります。)

2) Too
→「〜も / あと」

Tooはalsoと全く同じ意味として使うことができますが、文中に配置する位置がalsoとは異なり、「I like basketball. I like to snowboard too.(私はバスケをします。スノボーをするのも好きです)」のように文末にフォローします。またフォーマルな場面では、「I, too, love Japanese food.(私も日本食が大好きです)」のように主語の後に使う場合もあります。(主語にtooを加える場合は「コンマ(,)」を忘れないように。)

✔︎文末で使う場合は「コンマ(,)」を入れても入れなくてもどちらでもOK。コンマを入れることでTooの意味合いが強調される。
✔︎「As well」も全く同じ意味合いだが、アメリカ英語ではフォーマルな響きがあり、日常会話ではtooを使うのが一般的。
✔︎「私も」を表す自然な言い方が「Me too」。

・I study English at that school too.(私もあの英会話学校で勉強しています。)
・Higashino Keigo is my favorite author too! Which one is your favorite book?(私も東野圭吾が大好きです!どの本が一番好きですか?)
・I, too, have never been to Russia.(私もロシアへ行ったことがありません。)

3) Either
→「〜も〜ない」

Eitherは否定文をのなかで「〜も〜ない」と表現したい場合に用いられ、「I don’t like celery either.(私もセロリーが嫌いです)」のように文の最後にフォローするようにして使います。

✔︎「私も〜ない」は「Me either」ではなく「Me neither」という。詳しくは「Neither」の用法をご覧ください。

・I don’t watch T.V. either. I think it’s a waste of time.(私もテレビを見ません。時間の無駄だと思います。)
・I have never been to that restaurant either.(私もあのレストランへ行ったことがありません。)
・You don’t like raw fish either? Me neither!(あなたも刺身ダメなんですか?私も無理です!)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る