代替エネだけでビール製造へ〜ABインベブ、25年目標に

 世界ビール最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は、2025年までにビール製造に必要な電力をすべて再生可能エネルギー由来に切り替える。
 
 リニューアブル・エナジー・ワールドによると、実現すれば、ABインベブは消費者用品業界で最大のクリーン電力購入者となる。これに伴い、事業展開する市場で合わせて年間6テラワット時の電力を代替エネルギー発電に切り替えることになり、アルゼンチン、ブラジル、インド、アフリカ諸国などではエネルギー業界の変化に影響を与える見通しだ。
 
 カルロス・ブリトCEOは声明で「気候変動は、当社および私たちが生活する地域社会にとって深い意味を持つ。化石燃料の使用量削減は環境にとっても企業にとっても良いことで、当社は良い変化の推進に強く関与する。より持続可能な方法で電気を購入することによって、気候変動対策で先導的役割を果たす可能性がある」と語った。
 
 ABインベブは、電力の75〜85%を電力業者から直接購入し、残り15〜25%は自社施設に設置した太陽光発電などのテクノロジーで賄う計画。同社は、影響力の大きな企業が使用電力をすべて再生可能エネルギーで賄うと宣言する国際プロジェクト「RE100」にも参加している。
 
 ABインベブはまず、同社最大の生産施設があるメキシコからクリーン電力化を進める。すでにスペインの電力大手イベルドローラから年間490ギガワット時(GWh)のクリーン電力を購入する契約を交わしており、メキシコの生産施設で必要な電力をすべて確保した。この提携で、メキシコの風力および太陽光発電の最大出力は5%以上拡大する見通しで、イベルドローラはプエブラ州に220MWの陸上風力発電施設を建設し19年上半期に稼働する予定。
 
 ABインベブは今後、ほかの市場でも同様の契約を交わす計画だ。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  2. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  3. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  4. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  5. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る