スプリント、キューバと国際ローミング契約

 ソフトバンク傘下の米通信大手スプリントは、キューバでも米国内と同様の通信サービスを提供できる国際ローミング契約を同国政府から取り付けた。

 ロイター通信によると、キューバと米国の国交回復後初めて首都で開催されたハバナ国際見本市(FIHAV)で、スプリントとキューバ政府が契約を結んだ。FIHAVにはキューバでの商機を見込んで70カ国から600企業が集まり、米企業はスプリントを含む約30社が参加した。

 米国は昨年12月17日からキューバとの国交正常化に向けて動き始めたが、禁輸措置はまだ続いている。スプリントは、オバマ政権による限定的な規制緩和に乗じて、ことし9月25日にはキューバの国営電気通信会社エテクサ(Etecsa)と相互接続契約に合意しており、今回の国際ローミング合意で契約を拡大したことになる。

 スプリントと競合するベライゾン・コミュニケーションズは、第三者を通して15年9月からキューバで、音声とデータの国際ローミング・サービスを提供している。スプリントのマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)によると、契約は記録的な短時間で成立し「キューバ政府の交渉の速さに圧倒された」という。

 FIHAV参加国中最多の150社を送り込んだスペインは、ベネズエラや中国、ロシアとともにキューバとは長年の国交がある。ホセ・マヌエル・ソリア産業エネルギー観光大臣は「競合を恐れてはいない。参入国は多ければ多いほどいい」と話している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  2. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  3. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  4. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  5. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る