スプリント、キューバと国際ローミング契約

 ソフトバンク傘下の米通信大手スプリントは、キューバでも米国内と同様の通信サービスを提供できる国際ローミング契約を同国政府から取り付けた。

 ロイター通信によると、キューバと米国の国交回復後初めて首都で開催されたハバナ国際見本市(FIHAV)で、スプリントとキューバ政府が契約を結んだ。FIHAVにはキューバでの商機を見込んで70カ国から600企業が集まり、米企業はスプリントを含む約30社が参加した。

 米国は昨年12月17日からキューバとの国交正常化に向けて動き始めたが、禁輸措置はまだ続いている。スプリントは、オバマ政権による限定的な規制緩和に乗じて、ことし9月25日にはキューバの国営電気通信会社エテクサ(Etecsa)と相互接続契約に合意しており、今回の国際ローミング合意で契約を拡大したことになる。

 スプリントと競合するベライゾン・コミュニケーションズは、第三者を通して15年9月からキューバで、音声とデータの国際ローミング・サービスを提供している。スプリントのマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)によると、契約は記録的な短時間で成立し「キューバ政府の交渉の速さに圧倒された」という。

 FIHAV参加国中最多の150社を送り込んだスペインは、ベネズエラや中国、ロシアとともにキューバとは長年の国交がある。ホセ・マヌエル・ソリア産業エネルギー観光大臣は「競合を恐れてはいない。参入国は多ければ多いほどいい」と話している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-6-1

    日本文化の素晴らしさ 日本人の心の在り方を伝えたい

     全米公開に先駆け、5月8日にハリウッドのエジプシャンシアターで開催された映画「たた...
  2. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  3. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  4. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  5. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る