クロスオーバーSUV「マツダCX-9」が
米国の衝突試験で最高評価を獲得

MY16 Mazda CX-9

3列シートのミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダCX-9(2018年モデル)」が、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の衝突安全テストと予防安全性テストにおいて、最高評価である5つ星を獲得した。

新しい「CX-9」は、時速19マイル以下で走行中に衝突の危険性が高いと判断されるとブレーキを自動制御する、スマート・シティー・ブレーキ・サポート(SCBS)をすべてのトリムにおいて標準装備として搭載。SCBSはi-ACTIVSENSEというマツダの先進安全技術群の1つで、そのほかにもブラインド・スポット・モニタリングとリア・クロス・トラフィック・アラートが新しく標準装備になっている。

NHTSAの5つ星衝突安全テストは、消費者が車両購入を検討する際の衝突安全性に関する情報提供を目的に実施されているもの。前面と側面の衝突試験、そして横転(ロールオーバー)防止性能が安全評価の対象となる。

マツダでは、危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避するプロアクティブ・セーフティの思想に基づき、ドライバーが素早く安定して思いのままクルマを操ることが出来るようサポート。事故のリスクを最小限に抑えている。さらに、環状構造とストレートフレームで構成されているSKIACTIV-BODYが衝撃を吸収し、万が一の際にも事故のリスクを軽減する。

そのほか、「CX-9」のi-ACTIVSENSEにはハイ・ビーム・コントロール、ヒル・ローンチ・アシスト、レーン・キープ・アシスト、車線逸脱警報、Stop & Go 機能付マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール、スマート・シティー・ブレーキ・サポート、スマート・ブレーキ・サポート、ディスタンス・レコグニション・サポート・システム、フォーワード・オブストラクション・ワーニング、アダプティブ・フロントライティング・システム、ハイ・ビーム・コントロール、ブラインド・スポット・モニタリング(リア・クロス・トラフィック・アラート搭載)なども含まれる。

※NHTSAの5つ星(ファイブスター)衝突安全評価に関しては、https://www.safercar.gov/を参照。

■マツダノースアメリカンオペレーションズ公式Twitter及び公式Instagram:@MazdaUSA
■公式Facebookアカウント:Facebook.com/MazdaUSA

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-6-3

    こんな時どうする? アメリカ生活お役立ちBook〈法律編〉

    本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な場合...
  2. Sumitomo Warehouse

    2019-6-16

    SUMITOMO WAREHOUSE(U.S.A.), INC. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州トーランスにオフィスを構えるSUMITOMO WAREHOUSE(U.S.A.), ...
  3. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  4. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  5. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る