NYの日本クラブで笠間焼の展覧会を開催

松井康成 萃瓷練上壺(すいじねりあげつぼ)

日本クラブギャラリーでは、2019年1月31日から約1カ月間、「『自由な作風-笠間焼』人間国宝 松井康成と現代陶芸作家(大貫博之、戸田浩二、額賀章夫)」展が開催される。

東日本最大級の規模を誇る茨城県笠間市の陶芸産地は、約240年前、信楽から来た陶工の技術を取得して始まった。その特徴は笠間の地で作陶することを条件に各々の世界観を自由に創作できることで、全国から陶芸作家が移り住む日本でも有数な産地だ。今回の展覧会の核になる陶芸作家の人間国宝 松井康成氏は、一つの技法「練上」(ねりあげ)に絞り、表現の領域を格段に広げた作品を造形した。

同展では、陶芸産地の笠間におけるもっとも大きな創造の原点であり、現代の陶芸作家に多大な影響を与えている人間国宝・松井康成氏の代表作6点と陶片(触れることが可能)を展示。また近年、国内外で活躍の場を拡げている現代陶芸の精鋭、大貫博之氏、戸田浩二氏、額賀章夫氏の作品を約60点展示し、現在と未来を展観する。

松井康成 練上玻璃光大壺「西施」(ねりあげはりこうおおつぼ せいし)

「自由な作風ー笠間焼」
人間国宝 松井康成と現代陶芸作家(大貫博之、戸田浩二、額賀章夫)展

■会期:2019年1月31日(木)〜2月27日(水) 日曜休
■開催場所:日本クラブ内日本ギャラリー(145 West 57th Street, 7th Floor, New York, NY 10019)
■入場料:無料
■問い合わせ:Tel 212-581-2223 または E-mail info@nipponclub.org
■詳細:www.nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  2. 2019-12-4

    CCPA対策企画 Vol.1 カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)施行へのカウントダウン

    2020年1月1日に発効するカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA=Californ...
  3. 2020-4-5

    第73回 明日の家

    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  4. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい 日本国...
  5. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る