全米日系人博物館 日系アメリカ人の食文化をたどる「A Taste of Home」第3回を開催

2021年1月17日(日)、全米日系人博物館主催の日系アメリカ人の食文化をたどるオンラインプログラム・シリーズ「A Taste of Home(ア・テイスト・オブ・ホーム)」第3回が開催される。

日本からの移民は1世紀以上にわたってアメリカでレストランを経営し、そこで働き、また通い続けてきた。日本食レストランは家庭での食事同様、アメリカの日系人にとって欠かせない存在だ。

「A Taste of Home」シリーズを締めくくる今回は、ゲストにリトルトーキョーのレストラン「Azay」のシェフ、アキラ・ヒロセさんとジョアン・マエハラさん夫妻、「n/naka」のシェフ、ニキ・ナカヤマさんを迎え、サミュエル・H・ヤマシタ教授の司会によって、過去と現在、そして未来の日系アメリカのレストランと外食についてパネルディスカッションを行う。

また、グラフィックノベル作家のサム・ナカヒラさんが、1970年代のカリフォルニア料理と地産地消ムーブメントを取り上げた、ビル・フジモトを主人公とする新刊について話す。さらに、同館コレクションの収蔵品から関連する歴史的なものを紹介し、日系アメリカの食とレストランのレガシーを探る。

A Taste of Home
第3回「日系アメリカの外食(Dining Out in Japanese America)」

■開催日時:2021年1月17日(日)2:00-3:30pm
■参加費:無料
■予約:http://www.janm.org/events/2021/1/#17

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る