アーティスト小中寛顕氏、ニューヨークで個展「It may not be a dream」を開催

ニューヨークに拠点を構えるMatsuyama Studioから、新人アーティスト・小中寛顕氏が個展を開催する。

小中寛顕氏は、人工と自然の関係性をテーマに日本で学んだ日本画と写真的特徴を取り入れながら作風を確立してきた。作品に使われる箔や絵の具は時間や光とともに変化していく。見る角度やタイミングによって変わりゆく作品の移ろいを楽しもう。

“It may not be a dream”
■会期:2021年11月17日〜12月10日(平日7:00am-7:00pm)
■場所:Cafe Grumpy Fashion District (200 W 39th St, New York, NY 10018)
■オープニングレセプション:11月19日(金)5:30-7:00pm

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る