デンバー観光が一層便利に!空港と市中心部を結ぶ電車、4月22日から開通

 コロラド州の玄関口、デンバー国際空港と、デンバーの市中心部にあるユニオンステーションを結ぶ電車が完成。4月22日に開通する。

 これにより、空港から市中心部までの移動時間が、37分になる。ダウンタウンは空港から離れており、従来は、レンタカーの手続きや渋滞の心配などがつきまとったが、電車があれば利便性がぐっと高まる。

©The Regional Transportation District

©The Regional Transportation District

 デンバーは、2013年6月に、ユナイテッド航空の成田〜デンバー直行便が就航している。これでますます、デンバーおよびコロラドへの旅行需要が高まることを、関係者は期待している。

 今回開通する路線は、「The Regional Transportation District」(RTD) が運行する「University of Colorado Line A」だ。空港発ユニオンステーション行きの場合、早朝5時11分発の電車から、午後7時26分発まで、15分間隔で走る。その他の時間帯は、30分間隔で運行する(深夜一部を除く)。

 全区間(8駅)に乗車の場合、運賃は片道9ドル。車両は、ホームとの段差が低い設計になっていて、スーツケースなど大きな荷物を持った旅行者や、体の不自由な人にも配慮されている。車内には、スーツケース置場や自転車ラックも備わっている。

 終着駅のユニオンステーションは、19世紀の趣を残す歴史的建造物で、大規模改装を経て2014年にリニューアルオープンした。観光スポットとしても人気だ。品格のあるクロウフォードホテル、洗練されたカフェやオーガニック料理のレストランなどが入り、モダンに生まれ変わった。

 また、カリフォルニアゼファー号をはじめとするアムトラック鉄道の長距離列車の駅でもある。ユニオンステーション発着の無料バスを利用すれば、16番街のショッピングエリアに加えて、デンバー屈指のレストランが集まるラリマー広場、金のドームが目を引く州議事堂、デンバー美術館、ヒストリーコロラドセンター、プロ野球メジャーリーグ球団のコロラド・ロッキーズの本拠地であるクアーズ球場などへも手軽に足を伸ばせる。また、ユニオンステーション周辺には徒歩で行けるクラフトビールのブルワリーもある。

 ビジネス面においては、年間250件以上の様々なイベントや展示会が開催されるコロラド・コンベンションセンターへのアクセスが良くなり、デンバーのダウンタウンに拠点を置く企業の訪問も容易になる。

©The Regional Transportation District_A Line_map0216

 空港から一つ目の「61st&Pena」駅には、パナソニックノースアメリカ社が販売とエンジニアリングの拠点とともに大規模なスマートシティコミュニティーを建設中だ。2014年11月に神奈川県藤沢市に誕生した「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」と同様に、環境や安全、快適性などに配慮した次世代都市型コミュニティーで、2016年夏に完成予定という。

◾️コロラド州政府観光局(日本語):http://www.visitcolorado.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-4-1

    健康な体を手に入れる 快適習慣始めよう

    自律神経の乱れが引き起こす 体の不調 体の不調を引き起こす原因は、「自律神経の乱れ」...
  2. 2019-8-6

    Vol.12 氷河が作り出した美しい世界 ヨセミテ国立公園 − カリフォルニア州 −

    カリフォルニア州の中ほどに位置するヨセミテ国立公園は、年間約400万人も訪れる人気の観光地。...
  3. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  4. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  5. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る