JAL、アラスカ航空とのコードシェアを拡大

JALはアメリカ西海岸を中心に運航している、アラスカ航空(以下「AS」)とのコードシェアを拡大すると発表した。

今般、ASとヴァージン・アメリカ航空(以下「VX」)が統合したことにより、ASのネットワークが大幅に拡大することにあわせ、ASが運航する以下のサンフランシスコおよびロサンゼルス発着路線において、JALのコードシェア便を新たに実施する。

ASはワシントン州シアトルを本拠地とし北米を中心に110を超える都市に就航しており、今回のVXとの合併によりASは米国西海岸で最大の航空会社となった。

同社は「JALはこれからも提携社との関係を強化し、お客さまの利便性向上を図り、『世界で一番選ばれ愛される航空会社』となれるよう、チャレンジを続けてまいります。」と意気込みを語っている。

■コードシェア開始日: 2018年5月20日(日)
■予約・販売開始日: 2018年2月6日(火)
(*) コードシェア便の運航は政府認可を条件としている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  4. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  5. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る