北米日産「2016アルティマ」は、新スポーティタイプが登場

北米日産が2015年末に、「アルティマ」の2016年モデルを発表した。新しくスポーティなタイプの「SR」を投入したほか、燃費が向上し、青いスティッチがおしゃれなインテリア、新しいデザイン「Energetic Flow」などが特徴だ。

(提供写真)

(提供写真)

オプションでつけられる「NissanConnect Services」は、非常時の自動連絡や、衝突時の告知、リモートによるエンジン・スタート、グーグルと接続して目的地の情報をナビゲーションシステムに伝達、といった機能が使える。
アルティマは、アメリカで人気があるミッドサイズのセダン市場で、大きなシェアを占めており、販売台数も5年連続で伸びているという。

(提供写真)

(提供写真)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  2. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. 2019-11-7

    Kawamura International アメリカのビジネスは、今

    アメリカで翻訳と通訳を行うKawamura InternationalのManaging Direc...
  4. 2019-6-5

    第68回 好きなこと

    美しいものは、私たちを慰めてくれる。揺れる気持ちを静めたい時は、私は好きな1曲を聴く。バイオ...
  5. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る