グレイ・ホエール・ウォッチング、今シーズンも大漁間違いなし! ロングビーチのクルーズで

南カリフォルニアの、グレイ・ホエール・ウォッチングのシーズンが、2015年12月26日に正式にスタートした。2016年4月30日まで、見ごろだと言われている。
グレイ・ホエールは、アラスカからメキシコへ向かって、この時期にカリフォルニア沿岸を大量に移動・南下する。
ここ数年は「大漁」続きで、南カリフォルニアのホエール・ウォッチングは大人気だ。(*詳細は、フロントライン特集「シリーズアメリカ再発見」2014年2月5日号で)

Photo Courtesy of Harbor Breeze Cruises

Photo Courtesy of Harbor Breeze Cruises

今シーズンは、さらに多くのクジラが見られそうだ、と関係者らは期待している。
ロングビーチ水族館と、ロングビーチから出航するハーバー・ブリーズ社は、協力してクジラの数を観察記録しているが、2012年に447頭だったのが、年を追うごとに、758頭、858頭、963頭、と増えている。
全米鯨類研究協会(American Cetacean Society)も、グレイ・ホエールの大量移動を確信している。
カリフォルニア沿岸では、ハンバック・ホエールの目撃数も増えている。

◾️Harbor Breeze Cruises
ロングビーチ水族館と協力して、毎日12pmと3pmの2回、ホエール・ウォッチングのクルーズを催行。クルーズは2時間半。
チケットは、25ドル前後。
https://tickets.harbor-cruises.com/
www.whalewatchinginla.com
aquariumofpacific.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...
  2. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  3. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2020-2-4

    CCPA対策企画 Vol.2 CCPAとGDPRは似て非なるもの

    カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)が、2020年1月1日に発効しました。前回の...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る