アメリカ医学研究留学生向けサポートサービス、リロリダックが開始

総合不動産のリロリダック(Relo Redac, Inc.ニューヨーク州)は、1月から、アメリカ国内の医学研究留学生向けに留学サポートのサービスを始めた。
ビザの取得や住宅探しといった渡米前の情報発信から、渡米後の通訳サービスなど、煩雑な手続きをサポートする。
渡米直後から安心して学業に専念したいという人には便利。企業から派遣される赴任者とは違って、医学留学生は勤務先からの支援がないため、生活に関する準備を個人で行わなければならないことが多い。家族同伴の場合にはさらに負担がかかる。
こうした研究留学する医師に特化した情報やサービスを提供することで、負担を軽減し、銀行口座開設方法や携帯電話の契約方法、確定申告の方法など渡米後の生活に役立つ情報も掲載するという。
さらに、今まで研究留学を考えていなかった医師のために、将来アメリカへ研究留学することを選択肢の一つとして幅広く知ってもらうため、各研究機関におけるポスドクの募集要項や、海外への医学留学費用助成を行っている財団の情報も掲載する。
住宅斡旋に関しては、各研究機関が推奨する賃貸住宅をウェブサイトに掲載し、詳細情報の入手や渡米前に日本で住宅契約ができるようなサービスを提供する。
日本国内の留守宅管理サービスや海外旅行保険サービス、24時間電話通訳サービスなどもある。

◾️詳細:https://postdoc.redacinc.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-4-3

    シモーン・きみか・ホリディ イーグルス盛り上げるNFLチアリーダー

     スポーツの枠を超えて、アメリカの国民的イベントとしての地位を築いているスーパーボウル。NF...
  2. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  3. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...
  4. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る