「ウーバー」認可、1月21日からロサンゼルス国際空港乗り入れOKに

ロサンゼルス国際空港(LAX)は1月20日、アプリを使った配車サービス(ride-share)会社の「ウーバー」(Uber、本社サンフランシスコ)に、同空港への乗り入れを認可した。1月21日(木)8amから、「UberX」のドライバーは、空港で客ピックアップをすることができる。

UBER

ロサンゼルス国際空港では、昨年12月23日、同業他社の「リフト」(Lyft)が認可を受けて、ピックアップサービスを始めたばかり。(*詳細はこちら
サービスを開始して2週間で、5万件のピックアップとドロップオフがあったという。
利用者は、車を呼んで、「Ride Service」のサインの下で待つ。出発階か到着階か、どちらで待つかは、ドライバーから連絡がある。

UBER 3

空港で降ろしてもらう場合も空港から乗る場合も、客には、運賃のほかに空港使用料として4ドルが加算される。これまでもドロップオフは許されていたが、運賃の加算はされていなかった。
ウーバーの中でも「Uber Black」「Uber SUV」「Uber Luxe」の各サービスは、到着階でピックアップとドロップオフができる。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  2. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  3. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  4. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  5. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  6. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  7. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  8. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
ページ上部へ戻る