自動車業界、HDラジオに熱い視線〜15年、新車の約半数が採用

 音楽のストリーミング・サービスが台頭する中で、依然として健在なラジオの人気に自動車業界が注目している。

 オートモーティブ・ニューズによると、米国では2015年、新車の約半数がHDラジオを搭載する。HDラジオはデジタル放送だが、アナログと同じ周波数を使用できる。コンテンツも多彩で、リアルタイムの交通や天気情報も無料で提供する。

 国内ではHD放送が2200局に上り、このほかにデジタル専門が1500局ある。

 衛星ラジオやストリーミング・サービスが普及する中で、AM/FMラジオ時代の終焉を予想する声もある。HDラジオを開発したアイビクイティ・デジタル(iBiquity Digital、メリーランド州)のロバート・ストゥルーブル最高経営責任者(CEO)は「どちらかといえば、ラジオはより定着してきていると思う」と語った。アイビクイティは富士通テン、クラリオン、ハーマンなどにライセンスを供与している。

 調査会社ニールセンによると、米国民の90%以上が週に1度以上ラジオを視聴しており、その割合はデジタル音楽が台頭する以前と比べて数パーセントしか低下していない。

 アイビクイティによると、20年までには実質的に、国内で販売される車両全てに同社製ソフトが搭載される見通しだ。HDラジオ関連で約150件の特許を保有するアイビクイティは、ソフトをテキサス・インスツルメンツかNXPセミコンダクター製のチップに搭載しており、コストも05年の1台あたり約100ドルから5〜25ドルまで低下した。

 HDラジオはBMW、メルセデスベンツ、ボルボ、サイオンが標準装備している。約2年おきに情報娯楽システムを更新するサイオンは、11年にHDラジオを採用し、今夏に7.1型タッチパネルの新システムを「FR-S」クーペでデビューさせる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る