W杯会場での支払い、半分が非接触決済

 クレジットカード大手のビザは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、試合場での来場者の支払いの約半分が非接触決済で処理されたことを明らかにした。
 
 メディアポスト誌によると、ビザはW杯の12の試合会場内で開幕戦から準決勝までに使われたクレジットカード決済データを分析した。決済に使われたのは、クレジットカードのほかスマートフォンや身体装着端末、そのほかのデジタル端末だった。
 
 データ分析の結果、ビザを使った決済の国別総額は首位がロシア人で、1200万ドルだった。ロシアを除く上位10国は、米国人(300万ドル)、メキシコ人(150万ドル)、中国人(110万ドル)、アルゼンチン人(70万ドル)、ペルー人(56 万ドル)、英国人(55万ドル)、ブラジル人(50万ドル)、コロンビア人(42万ドル)、オーストラリア人(40万ドル)だった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-7-5

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 後編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  2. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  3. 2018-4-2

    ハリウッドで活動開始! プロボクサー 高野人母美さん

    自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  4. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る