台湾で「24時間の乗り継ぎ時間」を最大限に楽しむ方法!

 台湾で、24時間の乗り継ぎ時間を最大限に楽しむ方法を、台湾観光局が紹介している。

 台北の観光名所を訪ねるのはもちろん、地元民が楽しむ伝統の台湾式の朝食を味わうのもおすすめ。24時間年中無休で営業している「誠品書店」も、必見スポットだ。観光局は、今年から、無料の半日ツアーの新企画も催行している。

Image 3

 台湾観光局ロサンゼルス支局のブラッド・シン・ディレクターによると、台湾が迎える、年間の乗り継ぎ旅客は、およそ200万人。その多くがバックパッカーと出張者だという。

 彼らを空港の外に連れ出し、台湾に足を踏み入れてもらうために、観光局では2種類の無料の半日ツアーを提供している。

 午前のツアーでは、「手信坊相違和菓子文化館」と、「三峡」と「祖師廟」を訪れる。午後のツアーでは、台北市内の「中正紀念堂」と「龍山寺」を訪れる。参加者は、台湾の民俗信仰、寺院建築、名物のペイストリーや食を体験することができる。

Image 1

 次の乗り継ぎ便まで7時間から24時間あって、有効なR.O.C.ビザを保持しているか、ビザ免除の国から入国していれば、参加資格がある。

 桃園国際空港の各ターミナルの到着ロビーにあるツーリストサービスセンターで、ツアーを予約できる。1回のストップオーバーにつき、ひとtつのツアーにのみ参加できる。各ツアーは先着18人の定員枠が設けられている。

 さらに、台湾観光局では、台湾で乗り継ぐアメリカとカナダのパスポート保持者を対象に、期間限定のインターネットでのプロモーションも実施している。

 ウェブサイト(http://www.go2taiwan.net/freestopover/main.jsp)にアクセスし、6月30日までに登録を済ませる。参加すると、台北王朝大酒店(サンワールドダイナスティホテル台北)の1泊分無料宿泊券、無料の半日ツアー(台北市、北部海岸地域、九份の3つから選択)、無料の限定版MRTカード、七十二牛肉麺レストランでの無料の食事とアイスモンスターでの無料デザートなどの、4種類の景品が当たるチャンス。プロモーション期間中は毎週、最初に登録した30人に、この無料プロモーションの対象となる資格が与えられえるという。

Image 2

◾️詳細:http://eng.taiwan.net.tw/tour/index.htm
http://www.taiwan.net.tw

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る