台湾で「24時間の乗り継ぎ時間」を最大限に楽しむ方法!

 台湾で、24時間の乗り継ぎ時間を最大限に楽しむ方法を、台湾観光局が紹介している。

 台北の観光名所を訪ねるのはもちろん、地元民が楽しむ伝統の台湾式の朝食を味わうのもおすすめ。24時間年中無休で営業している「誠品書店」も、必見スポットだ。観光局は、今年から、無料の半日ツアーの新企画も催行している。

Image 3

 台湾観光局ロサンゼルス支局のブラッド・シン・ディレクターによると、台湾が迎える、年間の乗り継ぎ旅客は、およそ200万人。その多くがバックパッカーと出張者だという。

 彼らを空港の外に連れ出し、台湾に足を踏み入れてもらうために、観光局では2種類の無料の半日ツアーを提供している。

 午前のツアーでは、「手信坊相違和菓子文化館」と、「三峡」と「祖師廟」を訪れる。午後のツアーでは、台北市内の「中正紀念堂」と「龍山寺」を訪れる。参加者は、台湾の民俗信仰、寺院建築、名物のペイストリーや食を体験することができる。

Image 1

 次の乗り継ぎ便まで7時間から24時間あって、有効なR.O.C.ビザを保持しているか、ビザ免除の国から入国していれば、参加資格がある。

 桃園国際空港の各ターミナルの到着ロビーにあるツーリストサービスセンターで、ツアーを予約できる。1回のストップオーバーにつき、ひとtつのツアーにのみ参加できる。各ツアーは先着18人の定員枠が設けられている。

 さらに、台湾観光局では、台湾で乗り継ぐアメリカとカナダのパスポート保持者を対象に、期間限定のインターネットでのプロモーションも実施している。

 ウェブサイト(http://www.go2taiwan.net/freestopover/main.jsp)にアクセスし、6月30日までに登録を済ませる。参加すると、台北王朝大酒店(サンワールドダイナスティホテル台北)の1泊分無料宿泊券、無料の半日ツアー(台北市、北部海岸地域、九份の3つから選択)、無料の限定版MRTカード、七十二牛肉麺レストランでの無料の食事とアイスモンスターでの無料デザートなどの、4種類の景品が当たるチャンス。プロモーション期間中は毎週、最初に登録した30人に、この無料プロモーションの対象となる資格が与えられえるという。

Image 2

◾️詳細:http://eng.taiwan.net.tw/tour/index.htm
http://www.taiwan.net.tw

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-6-6

    Vol.11 アメリカ合衆国誕生の地 独立記念館 − ペンシルベニア州 −

    ペンシルベニア州フィラデルフィア市。宗教の自由が許される前の17世紀にイギリスを逃れた移民た...
  2. 2018-12-7

    大人のたしなみ 日本酒のススメ

    日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...
  3. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...
  4. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...
  5. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る