映画『望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』再上映が決定

今年8月にリトルトーキョー、ガーデナ、オレンジの3カ所で上映され、一部の会場では椅子を増やすほどの盛況だった映画『望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』のトーランスでの再上映が決定した。主人公は「中国残留孤児の父」と言われた山本慈昭。みずからも満州で過酷な体験をしながら、生涯を残留孤児たちの肉親探しに捧げ、献身的な愛で支えた物語を描いた、実話に基づく山田火砂子監督による感動作だ。

上映会主催者のミコ・ヘンソンさんは「満州に所縁がある方、ご家族が満州に住んでいた方はもちろん、すべての方に見ていただきたい作品です。初回の上映では期待以上の反響があり、前回見られなかった方や、もう一度見たいという方からの多数のリクエストをいただき、その声に応える形で再上映の運びとなりました」と語っている。

前回上映された際の観客の感想

私の母は満州のハルビン生まれです。戦後、祖母は子ども3人を連れて、命からがら満州から九州まで引き揚げてきました。祖父は牡丹江のソ連の捕虜収容所で亡くなりました。母は、私が幼い頃、中国残留孤児が家族探しに日本に来て記者会見をするたびに「あの人が自分でも不思議ではなかった。親が子どもの命を守るために中国人に委ねるしかないほど過酷な状況だった」と言いながら泣いていました。残留孤児を描いた作品は「大地の子」が有名ですが、この映画では、実在の人物である「中国残留孤児の父」山本さん自身の満州での体験、そして帰国後、中国残留孤児を日本に帰国させるために献身的に活動した様子が描かれています。当時の満州についてだけでなく、彼のような志の高い人物について知ることができ、非常に感銘を受けました。(レドンドビーチ在住 女性)

『望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』上映会
■開催日時:2019年11月15日(金)5:30pm開場、6:00pm上映開始
■開催場所:Christ the King Lutheran Church (2706 W. 182nd St., Torrance)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る