ニューヨークで「MAGO Gallery New York」がグランドオープン

電子廃棄物でアート作品を作る長坂真護さん

この春、ニューヨークに新たなギャラリー「MAGO Gallery New York」がグランドオープンする。MAGO Galleryは、国内外で活躍する日本人アーティスト・長坂真護氏によるアート作品を展示するギャラリー。今回、MAGO Gallery New Yorkのグランドオープンを記念して、4月1日〜16日の期間に長坂真護氏による個展「Atill A Black Star」が開催される。

長坂氏は2017年、ガーナ共和国アグボグブロシーに集積された電子廃棄物の山と劣悪な環境を目の当たりにし、廃棄物をアート作品として昇華させることで生産者側である私たちの社会に還流させ、その収益によってアグボグブロシーに学校や工場を建設する循環型アートプロジェクトを指導した。彼の生み出すアートには現代の資本主義の歪んだ現実に対する辛辣な批評精神が宿るとともに、その活動がアグボグブロシーから物理的に廃棄物を減らし、過酷な作業に従事する若者に新たな教育と文化を育む機会を提供する未来への希望の光も放っている。

グランドオープニングに合わせて、3月31日と4月1日の2日間にわたりSOHOでイベントが開催される。日本在住の長坂氏が本イベントに合わせ訪米し、彼の活動をドキュメンタリー映画と絵画作品の2つの側面から深く知る機会となる。

MAGO Gallery New York公式ホームページ:https://magogalleryglobal.com/new-york/

NYプレミア上映
長坂真護氏の活動を追い、フィルムアワードを多数受賞したドキュメンタリーフィルムの上映会
■開催日時:2022年3月31日(木)7:30pm
■会場:Angelika Film Center (18 W Houston St.)
■予約:StillABlackStarMovie@gmail.com
■詳細:https://www.dropbox.com/s/54vdyvnire0krwz/RSVP.jpeg

MAGO Galleryグランドオープニングパーティ
■開催日時:2022年4月1日(金)6:00-8:00pm
■場所:MAGO Gallery New York (568 Broadway #401)
■予約:https://magogallerynyopening.eventbrite.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  2. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  3. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  4. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  5. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  6. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  7. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  8. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
ページ上部へ戻る