ニューヨークで「MAGO Gallery New York」がグランドオープン

電子廃棄物でアート作品を作る長坂真護さん

この春、ニューヨークに新たなギャラリー「MAGO Gallery New York」がグランドオープンする。MAGO Galleryは、国内外で活躍する日本人アーティスト・長坂真護氏によるアート作品を展示するギャラリー。今回、MAGO Gallery New Yorkのグランドオープンを記念して、4月1日〜16日の期間に長坂真護氏による個展「Atill A Black Star」が開催される。

長坂氏は2017年、ガーナ共和国アグボグブロシーに集積された電子廃棄物の山と劣悪な環境を目の当たりにし、廃棄物をアート作品として昇華させることで生産者側である私たちの社会に還流させ、その収益によってアグボグブロシーに学校や工場を建設する循環型アートプロジェクトを指導した。彼の生み出すアートには現代の資本主義の歪んだ現実に対する辛辣な批評精神が宿るとともに、その活動がアグボグブロシーから物理的に廃棄物を減らし、過酷な作業に従事する若者に新たな教育と文化を育む機会を提供する未来への希望の光も放っている。

グランドオープニングに合わせて、3月31日と4月1日の2日間にわたりSOHOでイベントが開催される。日本在住の長坂氏が本イベントに合わせ訪米し、彼の活動をドキュメンタリー映画と絵画作品の2つの側面から深く知る機会となる。

MAGO Gallery New York公式ホームページ:https://magogalleryglobal.com/new-york/

NYプレミア上映
長坂真護氏の活動を追い、フィルムアワードを多数受賞したドキュメンタリーフィルムの上映会
■開催日時:2022年3月31日(木)7:30pm
■会場:Angelika Film Center (18 W Houston St.)
■予約:StillABlackStarMovie@gmail.com
■詳細:https://www.dropbox.com/s/54vdyvnire0krwz/RSVP.jpeg

MAGO Galleryグランドオープニングパーティ
■開催日時:2022年4月1日(金)6:00-8:00pm
■場所:MAGO Gallery New York (568 Broadway #401)
■予約:https://magogallerynyopening.eventbrite.com

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る