全米日系人博物館
常設展「コモン・グラウンド」を一部リニューアル

全米日系人博物館は、1988年の「市民の自由法」の制定から30周年を迎えるのを記念し、常設展「コモン・グラウンド-コミュニティの心(Common Ground: The Heart of Community)」の最終セクションをリニューアル。2018年8月4日(土)にオープンする。

「市民の自由法」は、日系人の強制収容に対する連邦政府の謝罪と、生存する元収容者に対して一人あたり2万ドルの保証を定めたもの。長く沈黙を保っていた日系人社会が公民権運動などに影響を受け、70年後半からリドレス運動(国家賠償請求運動)が活性化し、1988年8月10日、当時のロナルド・レーガン大統領が署名して成立した。

リニューアルオープンする「コモン・グラウンド」の最終セクションは、このリドレス運動を紹介するもの。8月4日から9月23日にはワシントンDCにある国立公文書館所蔵の「市民の自由法」の一部が期間限定で展示される。

そのほか、「市民の自由法」成立に尽力した人物の対談や、展示ツアー、特別展など、関連イベントが8月4日以降実施される。

■詳細:http://www.janm.org/exhibits/commonground/

Japanese American National Museum
100 N. Central Ave., Los Angeles, CA 90012

入館料:大人 12ドル、シニア(62歳以上) 6ドル、学生・6〜17歳 6ドル、5歳以下 無料
詳細:http://www.janm.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る