『写真で見る 看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現』発売

現地の英語ネイティブがどのような英語に囲まれて暮らしているかを、現地の看板という実例を通して分かりやすく紹介する本『写真で見る 看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現』が発売された。

アメリカ旅行や出張、留学が決まると、トラベル英会話の本を買い求める人が後を絶たない。しかし現地に到着してほとんどの人が痛感するのは、現地の人の話すスピードが速すぎることだ。質問しても聞き取れないこともよくあるし、看板や標識を見て自分で意味を判断しなければならないことも多い。

同書には、アメリカと日本を往復する英日翻訳家兼日本語講師である著者が集めた、現地で実際に使われている英語看板や標識、商品パッケージなどの写真が収録されている。空港、ホテル、食事、買い物などの状況別に、その看板や標識などの意味を解説。海外に不慣れな人でも標識の意味が分かるようになる。

クーポンや地図、栄養成分表などの画像を見て答える、TOEIC L&RのPart 3、4の図表問題にも役立つ。アメリカに来て間もない人や、しばらく経つけれど日常の細かい英語表現を確認したい人、また看板やラベルの翻訳を担当している人におすすめの一冊だ。

同書は紀伊國屋やアマゾンなどで購入が可能。また電子書籍版も販売されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る