HanaCellがアフリカのこどもたちを支援するチャリティキャンペーンを実施

日本人のためのアメリカ携帯電話サービスを提供するHanaCellが、クリスマスシーズンにチャリティキャンペーンを実施する。

2019年12月2日(月)~2020年1月6日(月)にHanaCellのサービスに申し込むと、9ドルがアフリカ給食支援活動に寄付される。これは、アフリカのこどもたちの60日分の給食に相当する。キャンペーンの対象となるのは、HanaCellが販売するすべての商品(アメリカ携帯、アメリカSIM、一時帰国SIM)。

HanaCell運営会社の社長トニー・スミスは、2016年にマラウイ共和国が大干ばつに襲われたことをきっかけに、継続的な給食支援活動「Seibo Project」を開始した。2019年現在、マラウイ共和国の幼稚園と小学校に通う1万5000人のこどもたちに給食を提供。HanaCellの利益の大部分は普段からこの給食支援に使れており、HanaCellの利用者は携帯電話サービスを利用するだけで、間接的にチャリティに貢献している。

今回のチャリティキャンペーン期間中は、商品の販売価格をチャリティ活動に寄付することで、利用者にも直接、給食支援活動に参加してもらうことを目的としている。

■キャンペーン期間:2019年12月2日(月)~2020年1月6日(月)
■対象商品:アメリカSIMカード( $9)、アメリカ携帯電話(SIMとスマホのセット/$199)、一時帰国SIM「ジャパンSIMカード」( $39)
■申し込み:以下ののオフィシャルサイトから
・アメリカ携帯電話サービス
https://www.hanacell.com
・一時帰国専用SIM「ジャパンSIMカード」
https://www.hanacell.com/japan/

もっと寄付したい方は…
さらに寄付できる有料オプション($9)をご用意。申し込み時に「アフリカのこどもに60日分の給食を贈る」にチェックを入れてください。チャリティキャンペーンの$9と有料オプション$9の合計$18を給食支援活動に寄付します。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  2. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  3. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  5. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る