中国監視船6隻が領海侵入 海洋局「権益守るため」

 【共同】14日早朝、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に、中国の海洋行政を所管する国家海洋局の海洋監視船6隻が相次いで侵入したのを、海上保安庁の巡視船が確認した。中国監視船が領海に入ったのは、日本政府が11日に尖閣諸島を国有化した後初めてで、6隻は過去最多。いずれも14日午後までに領海を出たが、侵入時間は計約7時間に及んだ。

 中国の国家海洋局は14日、「海洋権益を守るためのパトロールをした」と発表。外務省の洪磊副報道局長も同日午後の定例会見で… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る