ダル、7回1失点で15勝目 岩隈との先発対戦制す

 【共同】大リーグは14日、各地で行われ、レンジャーズのダルビッシュとマリナーズの岩隈がアーリントンでの試合に先発登板し、ダルビッシュが7回2安打1失点で1年目の日本選手として2007年の松坂に並ぶ最多の15勝目(9敗)を挙げ、シーズン200奪三振も達成した。日本選手の先発対戦は8度目で、岩隈は5回1/3を7安打2失点で5敗目(6勝)。試合は9-3だった。

 レンジャーズの上原は2-1の8回から1回を三者凡退。マリナーズの川崎は「9番・遊撃」で2打数無安打。八回に代打を送られた。

 レッドソックスの松坂はブルージェイズ戦に先発し、5回1/3を3安打4失点。田沢は7回に3番手で投げ、1回を三者凡退だった。ともに勝敗は付かず、チームは8-5で勝った。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る