サイバー・マンデイ、過去最大のオンライン販売高か 〜 感謝祭週末の売り上げは前年比25%増

米国のサイバー・マンデイは、2018年のことし、2005年に始まって以来最大の販売高を記録する見込みだ。

米国では、11月第4木曜日の感謝祭の翌日(金曜)をブラック・フライデイと呼び、その直後の月曜をサイバー・マンデイと呼ぶ。歳末商戦期は、ブラック・フライデイを皮切りに約4週間続く。

ブラック・フライデイはかつて、オフライン(実在店舗での販売)の特売日で、米小売業界にとって売り上げが年間でもっとも大きな一日だ。ただ、サイバー・マンデイと銘打ったオンライン特売日が生まれたことで、近年ではサイバー・マンデイでの売り上げも非常に大きくなってきた。

インベスターズ・ビジネス・デイリー紙によると、今年のサイバー・マンデイ(26 日)では、米東海岸時間午前10時の時点で販売高がすでに5億3100万ドルに達した、とアドビ・アナリティクスが報告した。また、サイバー・マンデイだけで総額20億ドルの売り上げがスマートフォン経由で記録される、とアドビ・アナリティクスは予想する。

同社は、サイバー・マンデイの米オンライン販売高が過去最高の78億ドルに達すると見込んでいる。

アドビ・アナリティクスによると、ことしの感謝祭週末におけるオンライン販売高は、前年比25.5%増となる史上最高の64億ドルに達した。

サイバー・マンデイで人気のあった技術製品には、アマゾンの仮想執事端末エコーや任天堂スイッチ、デルのラップトップ、アップルのアイパッド、アマゾンのファイヤーTV、グーグルのクロームキャスト、ロクが含まれる。

【https://www.investors.com/news/technology/cyber-monday-sales-black-friday/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る