VWとMSが提携拡大 ~ つながる車のクラウド基盤で

フォルクスワーゲン(VW)は、マイクロソフト(MS)との提携を拡大し、コネクテッドカー(インターネットと常時つながる車)向けクラウド・プラットフォーム「オートモーティブ・クラウド」の基盤にMSの「アジュール(Azure)」を採用する。

ロイター通信によると、車がクラウド経由でMSのリモート・コンピューター・プロセサーを利用できれば、VWは車内メディア・ストリーミングおよび駐車場や充電所などの情報を各ドライバーに個別に提供できるようになる。

VWは、2020年に欧州で発売を予定している電気自動車(EV)「I.D.」の車両・サービス情報オペレーションの中核として「オートモーティブ・クラウド」を使う計画。「オートモーティブ・クラウド」についてはこれまで主に欧州市場向けに開発してきたが、今後は対象地域を中国や米国にも拡大する。

VWによると、クラウド電算、エッジコンピューティング、人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)機能を備えたMSの「アジュール」は、拡大する車両デジタル化の基盤を構築している。VWグループのクリスチャン・ゼンガー・デジタルカーサービス部門代表は「私たちは、新しい高性能のソフトウェア・アーキテクチャーを自社モデルに搭載する予定だ。これは車両群の完全ネットワーキングや顧客向けデジタル付加価値サービスの開発に必要なすべての基盤を提供する」と語った。

「オートモーティブ・クラウド」を最初に搭載するのはゴルフと同サイズのハッチバックEV「I.D.Neo」で、20年に中国で生産を開始して同年中に欧州で販売を始める。米国では22年からテネシー州チャタヌーガ工場で「I.D.」シリーズの 生産を始める計画。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  2. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  5. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る