インド政権、少数与党に 規制緩和に抗議の党が離脱

 【共同】インドの連立与党の一角を構成していた政党「草の根会議派」が18日夜、政府が決めた外国企業の出資規制の緩和などに抗議して連立離脱を表明、最大与党の国民会議派が主導するシン政権は議会下院の過半数を失った。

 閣外協力する政党が政権を支持する意向を示しており、シン政権は存続するが、汚職体質や経済成長の鈍化を背景に求心力が低下している政権の… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る