ニューメキシコも容認 同性婚、17州目

 【共同】ニューメキシコ州の最高裁は19日、同州内の同性カップルの申し立てを受け、同性婚を認めないのは同州憲法に違反するとの判決を言い渡した。これにより、米メディアは同州が同性婚を認める17番目の州になることが決まったと伝えた。

 同州の憲法や州法は同性婚を明確に禁じてはいないが、同性カップルの婚姻届は伝統的に受理されてこなかった。最近になって州内の一部の自治体が独自判断で受理を開始、混乱が生じていた。

 米国では同性婚を認める州法の制定や住民投票のほか、ニューメキシコ州のように司法判断を通じて同性婚を容認する動きが広がり、既に16州と首都ワシントンで認められている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る