JAA ビジネスウーマンの会
「#Me tooの先に見えるか、女性が安心して働く環境」

講師の伊藤和子弁護士

3月15日(木)、JAAビジネスウーマンの会の講演会&交流会として、「声をあげ始めた女性たち〜#Me tooの先に見えるか、女性が安心して働く環境」がニューヨークの日系人会ホールで開催される。

講師の伊藤和子さんは、女性であることで理不尽に差別されたりせず、やりがいのある仕事は何かを求め、1994年に弁護士に。「世界で最も深刻な人権侵害に苦しんでいる人々のために」という想いを胸に、2006年、東京を本拠に国際人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」を立ち上げ、世界の人権侵害に取り組む活動を続けている。

昨年10月、ハリウッドの大物プロデューサーのセクハラスキャンダルを皮切りに、世界の女性が次々に「#Me Too」の声をあげ始めた。今年に入って虐待やハラスメントなど、さまざまな不平等に対して女性たちが口を閉ざす時代は終わったと訴える「Time’s Up」運動が広がっている。こうした中、日本社会は一体どのような状況になっているのだろうか?

伊藤弁護士が、その活動を通して感じる働く女性の意識や抱える問題、世界で
広がる#Me Tooの動きと日本の現状等について語る。また、3月に国連本部で開催される国連女性の地位委員会イベントのため伊藤和子弁護士とともにNY入りし、日本の#Me Too運動の先駆けとして性暴力のない社会を求めて活動する伊藤詩織さんが、スペシャルゲストとして参加する。

▪日時:2018年3月15日(木) 6:30pm受付開始、7:00pm開演
▪場所:日系人会ホール(49 West 45th Street, New York, NY 10036 11階)
▪参加費(軽食付):ゲスト $30 / JAAメンバー $25 / 学生 $20
(現金 or チェック=宛先 JAA )
▪問い合わせ:event.jwb@gmail.com (自動返信応答あり)
▪締切:3月13日(火)

スペシャルゲスト、伊藤詩織さん

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  2. 2017-9-2

    第60回 夏休みの課題本

    「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  3. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  4. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  5. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る