7月5〜7日 NY在住の俳優・曽我潤心さん
朗読会「星は見ている」を開催 

7月5日(木)から3日間、ニューヨーク・マンハッタンで、俳優の曽我潤心さんが朗読公演を行う。朗読する本は、ハワイ生まれ広島育ちで、現在ニューヨークに住む曽我さんが長年にわたって戦争をテーマとした表現を探し続けて行き着いた本『星は見ている』。

曽我さんは今年の1月に国立原爆死没者追悼祈念館で、原爆で全滅した広島県立第一中学校一年生の父母兄姉の手記集『星は見ている』の存在を知った。内容に胸を打たれ、この本をもっと多くの人に読んでもらいたいとの思いから、朗読会を開くことを決心したという。

朗読会では、手記集のなかから選出したものを2本朗読する。朗読の前後には、トークや質疑応答などの交流の場も。今回はニューヨークに住む日本人に向けて、全編日本語での朗読。8月には東京、広島(旧日本銀行広島支店)での公演も決まっており、ゆくゆくは英語での朗読も予定しているという。今回がその第1打の公演となる。

■開催日時: 2018年7月5〜7日 20:00pm〜(1時間程度)
■開催場所:PLAYERS THEATRE STUDIO 3C View(115 Macdougal St 3rd Floor New York, NY 10012)
■料金:志納
■予約:https://hoshiwamiteiru.bpt.me/
■facebook:https://www.facebook.com/events/904319036414545/?ti=ia
※予約なしの来場も可。

曽我潤心(そが じゅんしん)
日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒業。新国立劇場俳優養成所0期生。現在、ニューヨークで劇作家、俳優、演出家として活動中。マーティン・アレッタ監督の主演作品『Open Eyes』(2010)は南米を中心に28の映画祭で上映され、13の賞を獲得。『One Fine Day』(2017)は、毎年ニューヨークで上演された小劇場の作品に贈られる「IT Theatre Awards」の最優秀短編脚本賞にノミネート。現在、原爆をテーマに新作を執筆中。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  2. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  3. 2017-12-5

    手羽元de簡単ローストチキン クリスマスリースサラダ

    早いものでもう今年も最後の月に入りました! 毎回悩んでしまう、クリスマスメニューですが、簡単に、しか...
  4. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  5. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る