ニューヨーク日本商工会議所 雇用・人事・ビザの落とし穴「米国雇用の新しい傾向と対策」セミナー開催

ニューヨーク日本商工会議所は、2019年2月6日(水)に「米国雇用の新しい傾向と対策」と題して法律セミナーを開催する。今回はメイヤー・ブラウン法律事務所の協力を得て、日本企業が採るべき雇用・人事・ビザに関する具体策、法的手段について解説してもらう。

米国での雇用を取り巻く環境がますます複雑化するなか、法律を理解し、職場でのコンプライアンス体制の整備と強化に努めることが、雇用主に改めて求められている。本セミナーでは、#Me Too運動発祥からの1年間を振り返り、職場におけるセクシャル・ハラスメントのリスクと対策を交えながら、米国雇用法の最近の動向および日系企業が取るべき対策法を紹介する。また、最近の米国雇用ビザに特有の問題点と、今後の駐在員体制のあり方についても事例を交えて解説。

経営陣、人事、法務・コンプライアンス担当者には必修のセミナーだ。

雇用法セミナー
米国雇用の新しい傾向と対策

■開催日時:2019年2月6日(水)2:00-4:00pm
■開催場所:日本クラブ(145 West 57th Street, New York, NY 10019)
■料金:無料(会員)/$20(一般)
■詳細:http://usfl.com/wp-content/uploads/2018/12/Mayor-Brown-Law-Seminar.pdf

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  3. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  4. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  5. 2019-2-19

    HORIBA Instruments Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるHORIBA Instruments Incorpo...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る