JAL アエロメヒコ航空と提携合意、日本と中南米間の移動が便利に

日本航空(JAL)は、アエロメヒコ航空 (AM)と2018年度中に両社運航便にコードシェアを実施に合意したと発表した。

多くの日本企業の進出に伴い、日本とメキシコ間の渡航需要は年々増加。AMとのコードシェアにより、JALのメキシコ国内ネットワークは、現在の8地点から約20地点に拡大。またAMは、JALの運航する日本国内線およびアジア線でのコードシェアを実施する予定。コードシェア実施路線、開始時期などの詳細については準備が整い次第、あらためて案内される。

■コードシェア予定路線
JAL運航便
日本国内線および日本=アジア路線

■AM運航便
成田=メキシコシティ
ロサンゼルス=グアダラハラ、モンテレー
メキシコシティ=メキシコ国内各都市

■リリース記事
http://press.jal.co.jp/ja/release/201710/004451.html

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  3. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  4. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  5. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る