あの味がアメリカでも味わえる!
日清カップヌードルの2フレーバーが販売開始

米国日清食品は「カップヌードル シーフードヌードル」「カップヌードル カレー」を2017年10月より販売を開始した。

「日本と同じフレーバーのカップヌードルが食べたい」とアメリカ在住の日本人からの要望に、日本の味を再現したカップヌードルをアメリカで開発した。

フレーバーはシーフードとカレーの2種類。「カップヌードル シーフードヌードル」はシーフードの旨みとコクのあるスープにイカ、カニ風味カマボコ、キャベツ、ネギなどが入り、「カップヌードル カレー」は野菜の甘味のあるマイルドなカレースープにポテト、ニンジン、タマネギ、ネギなどが入っている。

北米エリアに販売される本商品はMSGを配合せずに日本の味を再現されている。また常温水を入れ電子レンジ調理も可能な容器を使用した。

すでに北カリフォルニア地区の日系スーパーでは販売されているが、西海岸、東海岸、中西部、ハワイ地区に順次販売開始されて全米で購入が可能になる。

日本では1971年の発売以来、多くの人に愛され続け46年間トップシェアを維持する国民食とも言えるカップヌードル。

■詳細:http://nissinfoods.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  2. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  3. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  4. 2017-9-2

    第52回 第九を歌う 

     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る